教会(英語を勉強する場所・海外)

英語圏の国にはキリスト教徒が多いため、多くの教会があります。その中には無料で英語を教えてくれる教室を開催しているところもあります。ただ、気をつけなければいけないこともありますので、注意してください。留学やワーキングホリデーで海外に滞在する英語初心者の方に「教会(英語を勉強する場所・海外)」をお伝えします。

教会にある英会話教室

ワーキングホリデーや語学留学でみなさんが行く英語圏には、キリスト教徒が多く住んでいます。

キリスト教徒が多いということは、教会も多く、英語を母国語としない人のために英会話教室が開かれている教会があります。

そこはキリスト教徒ではなくても、参加でき、しかも無料、または寄付金のみで、英語の勉強ができます。

授業内容

教室によってことなりますが、基本的には教会にいつも通っている人や神父(牧師)さんが語学学校のように英語を教えてくれたり、みんなでテーマを決めて会話をします。

授業が終わるとティータイムがあり、お茶を飲みながら会話を楽しみます。

教会によっては、ただ部屋を提供しているだけで、ボランティアで語学学校の先生が授業をしている場合もあります。

キリスト教徒じゃなくても大丈夫

私は特別な宗教を持っていません。そんな私が「英語が勉強したいという理由だけで、英会話教室とは言え、教会へ行くことは良いのだろうか」と参加する前は考えました。

そこで語学学校の先生に聞いてみると、「教会の人はそういうことは気にしていないから大丈夫。ただ、無理に勧誘されたらやめた方がいいよ」と言われました。

そして参加をしてみましたら、私と同じ立場の日本人も多くいましたので、連帯感が生まれました。

そこでの授業は宗教色が一切なく、ネイティブやいろいろな国の人と会話をして、楽しいときを過ごしました。

結局、その都市を離れるまで通い続け、たくさんの友達ができました。

ただ、宗教を前面に出している英会話教室もありますので、自分に合わなければ、無理して通わないほうがいいです。

いろいろなキリスト教

キリスト教には大きく分けると、カトリックとプロテスタントがあります。それ以外にも多くのキリスト教とつく名前の宗教があるため、どの教会か判別が難しいです。

中にはちょっと怪しいと思われる教会もありますので、参加する前には語学学校の先生やホストファミリーなど、現地の情報に詳しい人に参加しても大丈夫かどうか尋ねましょう。

 

次は「チューターって何?(チューター・留学やワーキングホリデー)」をご覧ください。

このページの先頭へ