語学学校(英文法の勉強法・海外)

留学やワーキングホリデーで通う語学学校では英語で英文法を理解しなければいけません。英文法は日本語のテキストを使って勉強した方が効率的です。留学やワーキングホリデーで海外に滞在する英語初心者の方に「語学学校(英文法の勉強法・海外)」をお伝えします。

英語で英文法を勉強すること

ワーキングホリデーや留学では、ほとんどの人が英語を勉強するために語学学校へ通います。

語学学校によりますが、多くの語学学校では午前中が英文法、午後が選択クラスで好きな授業(リスニングやスピーキング、発音、ボキャブラリーなど)を選びます。

もちろん、海外の語学学校ではネイティブの先生が授業をしますので、英文法の説明も英語です。

「英文法は日本語で学ぶより、英語で学んだ方がニュアンスがわかる。理解しやすい」という意見があります。私も同感です。

しかし、それはある程度の英語レベルに達したときの話で、管理人のmakoが初心者だった頃は、英語で英文法の説明をされても、さっぱりわかりませんでした。

それもそのはず、基礎的な英文法も英単語も知らず、ちょっとした会話もリスニングができなかったからです。

語学学校で時間を無駄にしないために

初めてワーキングホリデーで私が通っていた語学学校は毎日の午前中は英文法の授業だったので、そのほとんどを意味がわからない状態で過ごしてしまいました。

ようやく理解できるようになってきたころには数ヶ月が経過していましたので、この時間を無駄にしないため、事前に英文法の勉強をしておいてください。

できれば日本から、もう海外に滞在している人は、語学学校で勉強する英文法を予習してください。

そうすれば、例え先生の説明が聞き取れなくても、英文法は理解できますので、練習問題は解けるようになります。

自分で英文法を勉強するときには、日本語の英文法の教材をおすすめします。

 

次は「日本のテキスト(英文法の勉強法・留学やワーキングホリデー)」をご覧ください。

このページの先頭へ