日本人との関係(海外にいる日本人)

海外での語学学校やアルバイト先などで多くの日本人と出会います。留学やワーキングホリデーで海外に滞在する英語初心者の方に「日本人との関係(海外にいる日本人)」に関してお伝えします。

日本人との関係で注意すること

日本人の友達の良さについてお伝えしましたが、ここでは日本人と接するにあたり気をつけなければいけないことをお伝えします。

 

日本人の友達と会うのは程々に

日本人の友達と一緒にいるのが居心地が良いとは言え、いつも一緒にいるのはやめましょう。それでは海外に来た意味がなくなってしまいます。何でもバランスが大切です。

とても仲の良い日本人の友達がいて、いつも一緒にいたい場合は、その友達と積極的にネイティブや日本人以外の留学生と会うようにし、英語を成長させましょう。

 

「情報もうらうだけ」はやめましょう

自分より先に海外に滞在している日本人は、現地に関してのいろいろな情報を思っています。初めて海外に行くと知らないことばかりで、現地の情報を持っている人がとても頼もしく思えます。

そして情報をもらうだけもらったら、離れていく人がいます。それはそれで仕方がないのかもしれませんが、情報を与えていた人にとっては、「利用された」と思われてしまいます。

特に親身になってくれた人には、ちゃんと感謝の気持ちを忘れないようにしてください。

日本人同士で英語を話す

「英語を勉強する」とちゃんと考えいてる日本人の中には、日本人の友達同士でも英語を話している人がいます。

管理人のmakoも友達の間でルールを作り、英語で話していたことがありました。

これは長続きしません。もちろん、日本人同士でも必ず英語を話す人がいます。それは素晴らしいことですが、それは日本でもできます。

せっかく日本人同士で英語を話すだけの志があるのであれば、ネイティブや日本人以外の留学生の友達を作り、その人たちと英語を話したほうがいいです。

何をやるにも「日本でできるか?海外でしかできないか?」を考えると、答えが見えてきます。

よく海外にいる日本人は、「○○の国の人同士は英語を話さずに母国語を話す」と言います。私も言っていました。

日本人と仲良くなりやすい韓国人は韓国人同士の会話は韓国語です。韓国人だけの集団で英語を使っているのは見たことがないぐらいです。

ただ、よくよく考えると、同じ国の人同士で英語で話していることって、まずありません。日本人ぐらいです。

繰り返しますが、日本人同士で英語を話すことを否定しているわけではありません。そういう人は英語に対して志しが高くて、尊敬します。

ただ、海外に行ったら、海外でしかできないことをしてください。

 

これで「留学・ワーキングホリデー」が終わりました。

このページの先頭へ