ネイティブがオーナーの会社(仕事・海外)

国によって働けるビザや期間が異なりますが、ここではワーキングホリデーや語学留学の人が海外で働きながら英語を勉強する方法をお伝えします。基本的にワーキングホリデービザは働けますが、留学ビザでは働くことができない国がありますので、注意してください。留学やワーキングホリデーで海外に滞在する英語初心者の方に「ネイティブがオーナーの会社(仕事・海外)」をお伝えします。

ネイティブがオーナーのオフィスで働く

ネイティブに囲まれて働ければ、英語を勉強するのに最高の環境です。

この環境で働くことができれば、英語が上達すること間違いなしなのですが、オフィスで働けるようになるためには、英語が話せて当たり前、ネイティブ同等、またはネイティブよりも秀でたスキルや知識、経験を持っている必要があります。

例えば、コンピューターのスキル、会計の知識、日本で同じ系統の仕事をしたことがあるかどうかの経験です。

主に英語を勉強するために海外へ来ているワーキングホリデーや語学留学の人には、かなりの難関です。

ネイティブがオーナーのお店で働く

ネイティブが経営していて、スタッフもネイティブのカフェやレストラン、服やシューズを扱っているお店は、ワーキングホリデーや語学留学の人でも、がんばれば仕事を得られます。

海外に到着したばかりで、英語が初心者の人は難しいですが、語学学校を卒業してある程度の英語が話せれば、あとは気合で何とかなりますので、ワーキングホリデーや語学留学の人が目指す仕事です。

日本で同じ関係のお店で働いた経験があると有利になります。

「私の英語力で大丈夫かなぁ」と誰もが不安になりますが、まずは履歴書を渡して面接までお願いしましょう。

それでも雇ってくれれば、自分の英語力でも働けることになりますので、その後は自信を持って働いてください。

仕事も英語も覚えていかなければいけませんが、とても良い英語の勉強になります。

 

次は「日本人がオーナーの会社(仕事・留学やワーキングホリデー)」をご覧ください。

このページの先頭へ