日本人がオーナーの会社(仕事・海外)

国によって働けるビザや期間が異なりますが、ここではワーキングホリデーや語学留学の人が海外で働きながら英語を勉強する方法をお伝えします。基本的にワーキングホリデービザは働けますが、留学ビザでは働くことができない国がありますので、注意してください。留学やワーキングホリデーで海外に滞在する英語初心者の方に「日本人がオーナーの会社(仕事・海外)」をお伝えします。

日本人がオーナーのお店で働く

日本人のレストラン、いわゆるジャパレスです。日本人のオーナー、日本人のスタッフでお店を運営していますので、スタッフ同士では日本語です。

ただ、日本食は海外でも人気がありますので、ネイティブを始め、いろいろな国の人がきます。キッチンの仕事は料理を作るため英語を話す機会はほとんどありませんが、ウェイターの仕事であればお客さんと話す機会がありますので、英語が必要です。

このジャパレスでの仕事(ウェイター)は、「注文や料理の説明で話す英語は限られている」と言われますが、自分次第で英語の勉強はできます。

それほど忙しくないときはお客さんと世間話をしましょう。長い時間の世間話はお店に迷惑になりますが、少しであれば問題ありません。そこで、仲良くなり、仕事以外の時間に会うこともできます。

ジャパレスはネイティブやいろいろな国の人との出会いはたくさんあります。後は自分次第です。

日本人がオーナーのオフィスで働く

ワーキングホリデーや語学留学の人には、ジャパレスではなく、オフィスで働きたいという人も多くいます。

そのオフィス内に日本人以外の人がいたり、顧客が日本人以外なら、英語を話す機会がありますが、完全に日本人環境だと英語を話す機会がありません。

ジャパレスであれば、自分次第で英語の勉強ができますが、日本人環境のオフィスは気合では何ともならない場合がありますので、「仕事を通じて、英語の勉強がしたい」という人は、問い合わせをする際に詳しく聞いてください。

英語のレベルは関係ありませんが、最近では日本で働くのと同じように、コンピューターなどのスキルが必要になる場合が多いです。

 

次は「ボランティア(日常生活の英語・留学やワーキングホリデー)」をご覧ください。

このページの先頭へ