日本語英語(発音の勉強法・海外)

カタカナ英語から脱却するために発音の勉強は必要です。自分で基礎を勉強して、語学学校の先生にチェックしてもらいましょう。留学やワーキングホリデーで海外に滞在する英語初心者の方に「日本語英語(発音の勉強法・海外)」をお伝えします。

日本語英語でも大丈夫

10年以上、英語圏で生活しているのに、発音が完全な日本語英語の人もいます。リスニングもスピーキングも問題ないのに発音が良くない。このことは、発音というのは意識して勉強しないと成長しないことを物語っています。

リスニングやスピーキングは英語での生活に慣れれば慣れるほど上手になりますが、発音は意識して勉強する必要があります。

ここで注意してもらいたいのが、日本語英語は悪くありません。ワーキングホリデーや語学留学の人に人気がある国では移民がたくさんいますので、いろいろな国の「なまり」があります。別に日本人だけが変なわけではないのです。

それらの国に住んでいるネイティブもこの「なまり」に慣れているため、日本語英語でも理解してくれます。

しかし、あまりにも日本語英語、完全なカタカナ英語だと相手が理解してくれません。

ネイティブレベルになるのは難しくても、発音の勉強をすれば、少しでもネイティブに近づけます。

発音が上手だと英語が上手く見られる

「発音が悪くて、スピーキングが上手」な人の場合、他の人から見ると「スピーキングは上手なんだけどねぇ」とあまり英語の評価を受けませんが、「発音が綺麗でスピーキングが普通」な人の場合、「この人、英語が上手だね」と他の人から思われます。

特に日本人から見ると、「スピーキングは慣れれば何とかなるけど、発音が綺麗になるのが難しい」という考えがあるからではないのでしょうか。

「自分って発音が上手になったんじゃない?」と思うと自信が付き、スピーキングも上手になります。

英語にとって自信は非常に重要なものなので、自分に自信が持てるように、意識して発音するようにしましょう。そうすれば、確実に発音が上手になります。

 

次は「語学学校(スピーキングの勉強法・留学やワーキングホリデー)」をご覧ください。

このページの先頭へ