場所・期間(語学学校の選び方)

管理人のmakoのワーキングホリデーや語学留学をした経験を踏まえて、語学学校を選ぶときに確認すべきポイントをまとめました。語学学校選びが海外での充実度を左右するといっても過言ではありませんので、慎重に選んでください。留学やワーキングホリデーで海外に滞在する英語初心者の方に「場所・期間(語学学校の選び方)」をお伝えします。

語学学校の場所

私立の語学学校は都市の中心部に多くあります。交通の便もよく、授業が終わってからも友達と遊びに行けますので、とても便利です。

中心部からは離れていますが、ビーチや大きな公園の近くにあり自然に囲まれている語学学校もありますので、ビーチが大好きな人や常に公園に行きたい人はこういった語学学校もおすすめです。

ホームステイをする場所、ほとんどが都市の中心部から離れていますので、ビーチや大きな公園のように自然に囲まれている語学学校へは、ホームステイから近くなります。

語学学校へ通う期間

語学学校へ行く期間は人それぞれですが、ひとつ確実に言えることは、最初から(日本から)長期で申し込むのは絶対にやめた方がいいです。

初めてワーキングホリデーや語学留学をする人は日本から語学学校を申し込むと思います。実際に通ってみないと、その語学学校が良いのか悪いのかがわかりません。

ほとんどの私立の語学学校は延長ができますので、日本から語学学校を申し込む場合は長くても3ヶ月ぐらいにしましょう。

初心者の状態からでも3ヶ月間、語学学校で勉強すれば、英語力も上がり、違ったコースを受けたり、違った学校へ通いたくなるからです。

ワーキングホリデーや語学留学の中で、もっともお金がかかるのが語学学校の授業料です。自分の目で確かめてから、延長をしたり、学校を変えましょう。

日本からは1ヶ月だけ申し込みをして、現地で延長する場合、自分が延長をしたい時期に入学希望者が多いと延長を断られる場合がありますので、注意してください。

専門学校(料理、コンピューター、ビジネスなど)は最初から1年間、2年間と申し込む必要があります。

通常、専門学校を申し込むのは海外で語学学校に通い、ある程度の英語力を身に付けた跡なので、複数の学校を見学し、しっかりと調査してから申し込みをしましょう。

 

次は「授業のコース(語学学校の選び方・留学やワーキングホリデー)」をご覧ください。

このページの先頭へ