レベルチェック・授業での発言(語学学校の過ごし方・海外)

語学学校での充実度は、海外生活の充実度に比例します。英語をしっかり勉強して、友達をたくさん作って、楽しい学生生活を送りましょう。留学やワーキングホリデーで海外に滞在する英語初心者の方に「レベルチェック・授業での発言(語学学校のすごし方・海外)」をお伝えします。

英語レベルのチェック

語学学校の入学日には英語レベルをチェックされます。

チェックの仕方は語学学校により異なりますが、筆記テスト、面接があり、その成績によって、クラス分けがされます。

もし、レベルチェックのテストの出来が良すぎて、自分の英語レベルよりも上のレベルのクラスに入ってしまった場合は、数日間の様子を見て、クラスのレベルを下げてもらいましょう。

授業の当日に「授業についていけない」と感じても、数日すると慣れてきて「これは何とか大丈夫かも」と思えることもありますので、ちょっとだけ様子を見るようにしてください。

クラスのレベルを下げるのは簡単ですが、上がるのは先生が英語力を認めた場合のみになりますので、先生と相談してください。1週間に1度、または1ヶ月に1度、英語のレベルをチェックするテストがあり、それに応じて、クラス分けされる場合もあります。

「がんばれば何とかついていける」ぐらいのレベルが、自分の英語を伸ばすのに良いレベルです。

授業中での発言

一般的に日本人は消極的と言われます。相手のことを考え、自分は遠慮する。これは非常に良い文化で、誇りを持っていいと思います。

ただ、海外に行きいろいろな国の人の中に入ったときには、この考えは通じません。

海外では発言、または行動したもの勝ちです。

特に語学学校では発言内容が間違っていても、ドンドンと発言してください。私も含め日本人は「間違っていたらどうしよう」、「人から何て思われるかなぁ」と考えて、消極的になっていきます。

周りを気にせずに発言をしている人が英語は伸びます。

特に討論の授業(ディスカッションやディベート)では、日本人の発言はほとんどありません。

私が通っていた語学学校では、「男性と女性のどちらが楽しいか」という討論のテーマがありました。私は「人それぞれだから討論をして、ここで結論を出す必要がない」と考えてしまって、ほとんど発言をしなかったことがあります。

他の国の人は非常に熱い議論をしていましたので、「こういう人が英語って伸びるんだろうなぁ」と客観的に見てしまいました。

しかし、英語を伸ばすにはこれではいけません。

自分が思っていても思っていなくても、英語をドンドン話してください。

英語が上手な人は積極的な人が多いです。逆に考えると、積極的な人だからこそ、英語が上手になったと言えます。

 

次は「レベルの高いクラス・友達作り(語学学校の過ごし方・留学やワーキングホリデー)」をご覧ください。

このページの先頭へ