職歴&学歴で選ぶ(オンライン英会話の講師の選び方)

オンライン英会話スクールには講師が数百人~数千人います。その中から自分に合った講師を選ぶのは大変ですが、検索機能や講師のプロフィールで、ある程度まで絞り込むことが可能です。英語初心者の方に「人気で選ぶ(オンライン英会話の講師の選び方)」をお伝えします。

職歴で講師を選ぶ

実際に現場で英語を教えたり、英語を使って仕事をしている講師は、実践的な英語を話すことができます。

教員免許

英語の教員が理想ですが、英語以外でも「学校で教えている」「学校で教えていた」という経験がある講師は、「教える」という技術が高いため、英語を教えるレベルも高いです。

コールセンター勤務

フィリピン人講師の英語」でもお伝えしましたが、「フィリピンはアメリカの統治時代があり、フィリピン語(タガログ語など)と共に英語が公用語になっていること」、「賃金が低いこと」などの理由から、アメリカなど英語圏の企業のコールセンター業務(電話顧客応対サービス)を請け負っていることがあります。

アメリカなどの英語圏からフィリピンに電話での問い合わせがあります。顧客は英語のネイティブのため、フィリピンのコールセンター業務の会社では、発音やイントネーションなどの英語力が重視されます。

コールセンターで働いた経験のある講師は、「英語のネイティブと業務上の会話ができるだけの英語力がある」ということになります。

一般職

英語のレッスンを受けるため、英語を使った職業を注目してしまいますが、一般職でも人によっては、最適な講師になります。

例えば、自分がデパートなど販売業務に興味があるなら「デパート勤務の経験がある講師」、ホテルのフロント業務に興味があるなら「ホテルのフロント勤務の経験がある講師」、空港での業務に興味があるなら「空港での勤務経験がある講師」といったように、自分の興味がある分野で経験がある講師は、英語だけではなく、仕事についてもとても勉強になります。

特にフィリピンのホスピタリティ(接客・もてなし)が高いため、実際に外国人に対する接客なども学べます。

他の人にとってはそれほどでもない講師が、自分にとっては最適な講師になる可能性もあります。

学歴で講師を選ぶ

「学歴だけで人を判断することはいけないことです」と言われていますが、オンライン英会話では、学歴、特に英語を専攻している(していた)ということが講師選びのポイントとなります。

講師としての経験が少なくても、英語や英語教育を専攻していれば、「英語力が高い」、または「英語を第2外国語として勉強する人に「教える」技術が高い」と言えます。

英語を教えるための国際資格である「TESOL」(Teaching English to Speakers of Other Languages)を持っている講師は、英語全般のレベルが高いです。

フィリピンにある有名大学

ランキングは参考サイトや年度によって異なりますが、「The University of the Philippines」の1位は揺るぎません。

フィリピンにある有名大学名をご紹介しますので、講師選びの参考にしてください。

The University of the Philippines

Ateneo de Manila University

De La Salle University

University of Santo Tomas

University of San Carlos

 

次は「ランキングの基準(オンライン英会話のオススメランキング)」をご覧ください。

このページの先頭へ