講師の出身国(オンライン英会話の講師)

オンライン英会話スクールの講師には、在宅やオフィスでレッスンをするフィリピン人講師、英語圏のネイティブ講師、バイリンガル講師がいます。賃金が安いフィリピン人講師の存在が格安のレッスンを実現しています。英語初心者の方に「講師の出身国(オンライン英会話の講師)」をお伝えします。

オンライン英会話の主な講師

オンライン英会話では、大きく分けて、ネイティブ、日本人、フィリピン人講師がいます。

それぞれの講師の特徴をご紹介します。

ネイティブ講師

英会話の講師ですぐに思い浮かべるのがアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど英語圏出身のネイティブですよね。

ネイティブは英語を教えるのが上手?

「ネイティブだから英語を教えるのが上手」というのは間違えです。

日本人は日本語のネイティブです。しかし、日本語がわからない外国人に日本語を教えるのは難しいです。発音(方言がない)や文法を完全に理解して、日本語が通じない相手に日本語を教えなければいけません。

これと同じで、英語のネイティブにとっても、英語がわからない人に英語を教えるのはとっても大変なことです。

英語の中級者以上の方の場合は、「英語を教えてもらう」というよりも、英語で会話をしながら勉強していけますので、英語を教えるのがそれほど上手じゃないネイティブでも、会話の中から英語が勉強できますが、英語の初心者の方には講師歴が長く経験豊富なネイティブの講師が必要です。

ネイティブの英語はきれい?

「ネイティブだからきれいな英語を話す」というのも間違えです。

日本でも地方によって方言があります。場所によっては日本人でもわからない方言もあります。

管理人のmakoもいろいろな英語に触れましたが、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドでは、それぞれの英語に特徴があり、ネイティブ同士でもわからないこともよくあります。

理想の講師

ここでは、フィリピン人講師が活躍するオンライン英会話についてお伝えしていますので、「ネイティブだから良いっていうことじゃないからね」という表現になってしまっていますが、理想の講師はやはりネイティブで、「講師歴が長く、日本人に英語を教えた経験が豊富なネイティブ講師」です。

ここでお金の話になってしまいますが、理想の講師は「受講料が高額」です。

一般の英会話教室には、こういったネイティブ講師はいますが、オンライン英会話と比較すると、英会話教室の受講料は高額なため、一部の人しか通えません。

資金に余裕がある人向けに、ネイティブ講師がいるオンライン英会話もあります。

オンライン英会話では、英会話教室に比べ、受講料以外のメリットがあります。詳しくは「気軽にできるオンライン英会話(オンライン英会話とは?)」をご覧ください。

日本人講師

当たり前ですが、日本人講師が日本人のことを一番わかっていますし、日本人が苦手な部分をカバーしてくれます。

日本人講師にも良いところがたくさんありますが、日本人以外の講師をオススメします。

日本語で英語を教えてもらうのは確かにわかりやすいこともありますが、日本語を話している時間がもったいなく、多少わからない部分があっても、英語だけで話し続ける方が英語力が伸びます。

レッスン中に日本語を話さなかったとしても、日本人という安心感が生まれ、それと同時に甘えが出てしまいます。

英語が上達するために乗り越えなければいけない壁はいろいろありますが、「外国人と話す」という慣れがかなり重要になってきます。

管理人のmakoがワーキングホリデーで海外に滞在していたころ、英語に対する勉強意識が高い人たちは、日本人同士でも英語を話していました。

しかし、私を含め多くの人は、いざ外国人と話すとなると、急に声が小さくなり、話している英語も緊張のせいか意味がよくわからなくなってしまうのです。

「本当は会話をする英語力があるのに、外国人の前に出ると話せなくなる」、これは日本人によくあります。

日本人講師を選んでいけない訳ではありません。日本人講師で英語が伸びた人もいます。ただ、せっかく外国人と話すことができる機会があるなら、外国人の講師を選んだ方がいい経験になります。

フィリピン人講師

オンライン英会話が気軽に利用できる受講料になっている理由、それはフィリピン人講師です。

オンライン英会話にはフィリピン人講師がかなりの割合を占めます。

フィリピン人講師については、「フィリピン人講師の特徴(オンライン英会話の講師)」、「フィリピン人講師の英語(オンライン英会話の講師)」にまとめましたので、詳しくはそちらをご覧ください。

 

次は「講師の働く環境(オンライン英会話の講師)」をご覧ください。

このページの先頭へ