講師の働く環境(オンライン英会話の講師)

オンライン英会話スクールの講師には、在宅やオフィスでレッスンをするフィリピン人講師、英語圏のネイティブ講師、バイリンガル講師がいます。賃金が安いフィリピン人講師の存在が格安のレッスンを実現しています。英語初心者の方に「講師の出身国(オンライン英会話の講師)」をお伝えします。

講師がレッスンをする場所

オンライン英会話は、生徒が自宅や外出先など好きなところでレッスンを受けることができるのが特徴です。

それと同じように、講師も「在宅(自宅)でレッスンする講師」と「オフィスでレッスンする講師」がいます。

「講師が在宅でレッスンすることを許可している」、「必ずオフィスに出勤しなければいけない」、「在宅かオフィスのどちらか好きなほうでレッスンができる」というように、オンライン英会話スクールによって規約があります。

在宅(自宅)でレッスンする講師

在宅でレッスンする講師の特徴をお伝えします。

講師数が増える

在宅でレッスンできるということは、講師が住んでいる場所はどこでも構いません。

フィリピン人講師ならフィリピン全土から、ネイティブ講師なら世界各国から講師が集められます。

講師が多くなる最大のメリットは、「生徒が選べる講師が増える」ということです。

在宅でのレッスンを認めているオンライン英会話スクールは、講師数が多いため、生徒がたくさんの講師から自分に合った講師を選ぶことができます。

インターネット回線

日本のようにインターネットの通信環境が良好な国は問題ありませんが、国によっては講師宅の通信環境が悪く、レッスン中に会話が途切れることもあります。

現在はオンライン英会話スクールの競争によって、在宅の講師でも会話が途切れてしまうほど通信環境が悪いことはありませんが、オフィスでのレッスンに比べると音質は劣る傾向にあります。

レッスンに望む姿勢

オンライン英会話スクールに限らず、オフィスに出社して仕事をする場合と在宅で仕事をする場合では、どうしても気が緩みがちです。オフィスに比べると服装もラフになります。

以前は在宅の講師は、「レッスンに力が入っていない」、「予約時間になってもスカイプでの呼び出しがない」など、問題があったのは事実ですが、現在ではスクールによる厳しいトレーニング、生徒による講師の評価、評価が悪い講師は再トレーニング、レッスンのモニタリングなどのシステムが整っていますので、「在宅だからやる気がない講師が多い」ということはなくなっています。

特に大手のオンライン英会話スクールでは、講師への要求が厳しいため、講師もしっかりしています。

講師の賃金が低い

在宅の講師が多いオンライン英会話スクールでは、講師の賃金が低めに設定されていますので、その分、生徒に還元される形でレッスンの受講料が安くなります。

オフィスでレッスンする講師

オフィスでレッスンする講師の特徴をお伝えします。

講師の数

オフィスでレッスンをするためには、出勤可能な地域に住んでいる必要があります。そのため、在宅でレッスンする講師と比較すると講師数が少なくなります。

ただ、大手のオンライン英会話スクールでは、十分な講師数(数百人)がいますので、それほど問題にはなりません。

インターネット回線

大手のオンライン英会話スクールのオフィスは、通信環境が整っているため、レッスンでの音質もきれいです。

講師が管理されている

オフィスでレッスンをするということは、同じ場所に上司がいますし、他の講師がたくさんいます。

在宅でレッスンする講師と比較すると、オフィスでは身だしなみを整え、ある程度の緊張感を持ってレッスンをするようになりますので、レッスンに対してより真剣になる傾向があります。

講師を変更しづらい

同じオフィスでレッスンをしていますと、講師同士の情報交換があります。もちろん生徒の話もでます。いろいろな噂話もあります。

気に入った講師であれば、変更することはなかなかありませんが、たまには他の講師とレッスンがしてみたくなります。講師にもそれぞれ得意なスキルが違いますし、雰囲気も違います。

「今まではスピーキングのレッスンをしていたから、今度は発音の勉強がしたい」と思っても、「今の講師は話しやすいけど、発音は他の講師に学びたいなぁ」と思ったとします。講師の変更はよくありますので、気にしなくてもいいのですが、日本人ならではの考え方で「今の講師から他の講師に変更すると気まずいなぁ」と思ったりします。

変更前に「発音は他の講師に学びます」って伝えられればいいのですが、「See you tomorrow」と言ってレッスンが終わったのに、翌日に他の講師に変更すると、今までの講師に戻りづらくなります。

講師はどんどん変更しても全く問題ありません。ただ、管理人のmakoを含め、日本人にはこういうことを気にする人も多くいます。

まとめ

他のページでもお伝えしていますが、現在オンライン英会話スクールは100社以上あるため、競争が激しいです。

レッスンを受ける方も、受講料の安さだけではなく、講師の質を求めるようになっています。

在宅でレッスンする講師、オフィスでレッスンする講師、どちらも特徴がありますが、全体的なレベルは以前と比較しても、かなり高くなっています。

それぞれのオンライン英会話スクールの特徴、それぞれの講師の特徴がありますので、まずは無料体験レッスンを試してみて、実際のレッスンや講師を確かめてみてください。

 

次は「フィリピン人講師の特徴(オンライン英会話の講師)」をご覧ください。

このページの先頭へ