フィリピン人講師の英語(オンライン英会話の講師)

オンライン英会話スクールの講師には、在宅やオフィスでレッスンをするフィリピン人講師、英語圏のネイティブ講師、バイリンガル講師がいます。賃金が安いフィリピン人講師の存在が格安のレッスンを実現しています。英語初心者の方に「フィリピン人講師の英語(オンライン英会話の講師)」をお伝えします。

フィリピン人講師の英語

「オンライン英会話はフィリピン人講師」と聞くと「フィリピン人は小さいころから英語を勉強しているけど、実際の英語力、特に発音はどうなの?」という疑問や不安があると思います。

いろいろな国の英語

まずお伝えしたいことは、英語と言っても、国によっていろいろな英語があるということ。英語圏を代表するアメリカとイギリスでも単語、文法、発音など異なる部分が多くあります。

カナダ、オーストラリア、ニュージーランドにもそれぞれの英語があります。管理人のmakoがカナダに滞在中、ホストファミリーが「オーストラリアに旅行をしたことがあるけど、方言が強すぎて、話がよくわからないことがよくあったわ」と話していました。オーストラリア人側から見るとカナダの英語も方言ということになります。

フィリピン、インドなど英語圏以外の国では、英語圏の国とはさらに違いが出てきます。日本でもよほど流暢に英語を話す人でない限り、日本語英語になります。

一般のフィリピン人の英語とフィリピン人講師の英語

管理人のmakoは、ワーキングホリデーでカナダに1年間滞在した後に、フィリピンのセブ島に留学しました。カナダ英語の影響が強かったこともありますが、現地のフィリピン人が話す英語は訛りが強く、理解できないことがよくありました。

しかし、セブ島にある語学学校のフィリピン人講師の英語は、講師にもよりますが、ちゃんとした英語で聞き取りやすかったです。オンライン英会話でもそうですが、講師はきちんと英語の教育を受けているので、日本人に聞き取りやすいように訛りもそれほどありません。

アメリカ英語が普及している

フィリピンはスペインの植民地支配の後、アメリカの統治時代が50年弱ありました。日本人が学校で勉強するアメリカ英語に馴染みが深いため、日本人の講師として最適です。

フィリピン人講師の英語レベル

オンライン英会話が世の中に出始めた当初、フィリピン人講師は訛りがあったり、講師間で教え方や発音が統一されておらず、決して質が高いとは言えない状況でした。

現在、オンライン英会話スクールは100社以上あります。スクール間の競争が激しく、質の悪いフィリピン人講師を抱えているスクールは淘汰されていきます。

以前に比べると、企業努力やフィリピン人講師個人の努力で発音や教え方が改善され、質が高くなっています。

それでもまだ多少の訛りがあるフィリピン人講師はいますので、全く問題ないわけではありませんが、オンライン英会話では講師のプロフィールを事前に動画で確認したり、無料体験がありますので、自分が気に入った講師を選ぶことができます。

「フィリピン人講師がどれだけきれいな英語を話しているか?」ということも大切ですが、英会話のため「相性がいいかどうか」がもっとも重要なポイントとなります。実際に英語初心者の方は、フィリピン人講師の英語力よりも、「自分に合うかどうか」を第一に考えることをオススメします。

多少のことは気にしない

英会話では「たくさん話す」ことが大切です。リスニングは教材のCDを聞いたり、ニュースを聞いたりすれば独学でも勉強できますが、話すことは相手がいないとできません。

オンライン英会話のフィリピン人講師は一定のレベル以上の英語力はありますので、少しの訛りは気にせずに、とにかく自分がたくさん話すことを心掛けてもらえると英語が上達します。

 

次は「自分に合ったオンライン英会話を選ぶ(オンライン英会話の選び方)」をご覧ください。

このページの先頭へ