接続詞(英文法の勉強)

言葉と言葉をつなぐのが接続詞です。英文法の「接続詞」を勉強しましょう。

「○」はGoogle翻訳にリンクしてあり、英語の発音を聴くことができます。詳しくは「はじめに」をご覧ください。

接続詞の英語表記:Conjunction

英語で書かれたテキストで英文法を勉強する場合は参考にしてください。

and 「~と~」、「~、そして~」

2つ以上の言葉を同じ関係(対等の関係)でつなぐのが「and」です。日本語にするときには2つあり、文脈に応じて「~と~」と「~、そして~」があります。

例文にはまだ勉強していない文法も出てきますが、それは気にせずに前置詞に注意してくださいね。

「~と~」

2つ以上の単語をつなぐ場合に使う「and」です。

I eat an apple and an orange.
私はリンゴとオレンジを食べます。

He buys a pen and a notebook.
彼はペンとノートを買います。

I like Pizza, lasagna and gratin.
私はピザとラザニアとグラタンが好きです。
・3つ以上の単語をつなぐ場合には、最後の単語と単語の間だけ「and」を使い、それ以外は「,」を使います。

「~、そして~」

2つの文をつなぐ場合に使う「and」です。

He arrived my house and we had dinner.
彼は私の家に到着して、私たちは夕食を食べました。

I went book store and bought a magazine.
私は書店に行き、雑誌を買いました。
・「and」の前の文と「and」の後の文が、同じ主語の場合は、2つ目の主語を省略できます。

or 「~か~」

2つ以上のものから、どれかを選ぶための選択肢を考えるときに「or」を使います。

I go to Spain or Italy.
私はスペインかイタリアに行きます。

She drinks wine or beer.
彼女はワインかビールを飲みます。

but 「~だが、~」、「~しかし~」

対立した2つの文をつなぐ役割をするのが「but」です。but」の前の文が肯定文、「but」の後の文が「否定文」になることが多いです。

例文にはまだ勉強していない文法も出てきますが、それは気にせずに前置詞に注意してくださいね。

I play baseball but He does not.
私は野球をしますが、彼はしません。

I like cats but do not like dog.
私は猫が好きですが、犬は好きじゃありません。

 

次は「否定文(英文法の勉強)」をご覧ください。

このページの先頭へ