疑問詞・Who だれ(英文法の勉強)

疑問詞とは「いつ、どこで、だれが、なにを、なぜ、どのように」を尋ねる疑問文に必要なものです。ここでは英文法の「疑問詞・5W1H(Who・だれ)」を勉強しましょう。

「○」はGoogle翻訳にリンクしてあり、英語の発音を聴くことができます。詳しくは「はじめに」をご覧ください。

疑問詞の英語表記:Interrogative

英語で書かれたテキストで英文法を勉強する場合は参考にしてください。

「だれ(人物)」を尋ねる英文

「彼はだれですか?」、「あの少女はだれですか?」など、「だれ(人物)」を尋ねるときには、「Who」を使います。

Who
だれ

「これはだれの靴ですか?」、「あなたはだれの兄弟ですか?」など、「だれの」と言いたい場合は、「Who」の所有格(~の)である「Whose」を使います。

Whose
だれの

Whoの使い方1(主語) 「~はだれですか?」「だれが~しますか?」

「Who」の後に疑問文が続きます。be動詞がある英文と一般動詞がある英文をお伝えします。

一般動詞を使う場合は「Who」が主語になる「だれが~しますか?」、「Who」が目的語になる「だれに(を)~しますか?」の2つのパターンがありますが、ここでは前者の主語になるパターンwをお伝えします。本当は「主語」ではなく「主格」なのですが、ここではわかりやすく「主語」に統一します。

「Who」はそれ以外の疑問詞(What、When、Where、Why、How)と使い方が違い、一般動詞を使い主語を尋ねる場合は「だれが~しますか?」となり、「Who」自身が主語になります。

be動詞や一般動詞を使った普通の疑問文は「?」に向かって上げ調子で読みますが、疑問詞(5W1H)の場合は「?」にかけて下げ調子(またはそのまま)で読みます。

be動詞を使った「Who」 ~はだれですか?

Who + 疑問文(be動詞)

Who is he?
彼はだれですか?

Who are they?
彼ら(彼女ら)はだれですか?

Who’s that girl?
あの少女はだれですか?
・「Who is ~ ?」は「Who’s ~ ?」に短縮できます。

一般動詞を使った「Who」(主語) だれが~しますか?

「だれが~しますか?」の英文は主語が「Who」になりますので、「do」や「does」をつける必要はありません。「Who」は3人称単数の扱いになりますので、一般動詞を変化させてください。

3人称単数につきましては「一般動詞02-3単現」をご覧ください。

Who + 一般動詞 + □ + ?
・□ = 補語や目的語

Who has this cat?
だれがこの猫を飼っていますか?

Who buys a new book?
だれが新しい本を買いますか?

Who teaches you English?
だれがあなたに英語を教えますか?

Whoの使い方2(目的語) 「だれに(を)~しますか?」

「Who」の後に疑問文が続きます。be動詞がある英文と一般動詞がある英文をお伝えします。

一般動詞を使う場合は「Who」が主語になる「だれが~しますか?」、「Who」が目的語になる「だれに(を)~しますか?」の2つのパターンがありますが、ここでは後者の目的語になるパターンwをお伝えします。本当は「目的語」ではなく「目的格」なのですが、ここではわかりやすく「目的格」に統一します。

「Who」が目的語になる場合は、「Who」以外の疑問詞(What、When、Where、Why、How)と同じ、「Who + 疑問文」になります。

be動詞や一般動詞を使った普通の疑問文は「?」に向かって上げ調子で読みますが、疑問詞(5W1H)の場合は「?」にかけて下げ調子(またはそのまま)で読みます。

前置詞が必要な場合がある

注意する点は、最後に「前置詞」がつくことです。英文の基本は「主語 + 動詞 + 目的語や補語」という並びで、目的語は英文の後半にきます。その目的語の前に前置詞を使うことがよくあります。

Do you work with him?
あなたは彼と一緒に働きますか?
・with = 一緒に(前置詞)、him = 目的語

この英文を「あなたはだれと一緒に働きますか?」と「who」を使って聞きたい場合、本来なら目的語を尋ねる疑問文ですので、下記のようになります。

Do you work with who?
・この英文の文法は間違っています。

実際にはこれで意味が通じますが、「who」を疑問文で使う場合には「who」を文頭にしなければいけません。

Who do you work with?
あなたはだれと一緒に働きますか?

このような経緯で目的語として「who」が使われるため、英文の最後に前置詞がつきます。目的語で使われる「who」を本来なら「whom」としなければいけませんが、現代では「who」で統一できます。

一般動詞を使った「Who」(目的語) だれに(を)~しますか?

「だれに(を)~しますか?」の「Who」は目的語になりますので、「Who」以降は一般動詞の疑問文を作成します。前置詞に注意してください。

英文の最後には前置詞が必要な場合があります。

Who + 疑問文(一般動詞)

Who do you send it to?
あなたはだれにそれを送りますか?

Who does he write a letter to?
彼はだれに手紙を書きますか?

Who do they buy a present for?
彼ら(彼女ら)はだれにプレゼントを買いますか?

Whoseの使い方 「だれの~ですか?」

「Whose」の後に名詞を使い、その後に疑問文が続きます。「だれの~ですか?」と尋ねる英文のため、基本的にはbe動詞を使います。

be動詞や一般動詞を使った普通の疑問文は「?」に向かって上げ調子で読みますが、疑問詞(5W1H)の場合は「?」にかけて下げ調子(またはそのまま)で読みます。

Whose + 名詞 + 疑問文

Whose book is this?
これはだれの本ですか?

Whose idea is it?
それはだれのアイデアですか?

Whose dog is that?
あれはだれの犬ですか?

 

次は「疑問詞・Why なぜ(英文法の勉強)」をご覧ください。

このページの先頭へ