否定文(英文法の勉強)

「私は生徒ではありません」、「私は野球をしません」など、否定する英文です。英文法の「否定文」を勉強しましょう。

「○」はGoogle翻訳にリンクしてあり、英語の発音を聴くことができます。詳しくは「はじめに」をご覧ください。

否定文の英語表記:Negative sentence

英語で書かれたテキストで英文法を勉強する場合は参考にしてください。

be動詞の否定文

be動詞が使われている英文を否定する場合は、be動詞の後に「not」を入れます。

ここでは現在形の否定文を例にしています。それ以外の時制につきましては、「過去形」、「未来形」をご覧ください。

be動詞 + not

I am not Japanese.
私は日本人じゃありません。

You are not a student.
あなたは生徒じゃありません。

He is not hungry.
彼はおなかがすいていません。

否定文の短縮形

「is」と「are」は「not」との組み合わせで短縮形にできますが、「am」は短縮形にできないので注意してください。

You aren’t a student.
私は日本人じゃありません。

He isn’t hungry.
私は日本人じゃありません。

一般動詞の否定文1 (3人称単数以外)

主語が「I」「You」と複数形(3人称単数以外)で一般動詞が使われている英文は、一般動詞の前に「do not」を入れます。

3人称単数につきましては、動画-一般動詞02をご覧ください。

ここでは現在形の否定文を例にしています。それ以外の時制につきましては、「過去形」、「未来形」をご覧ください。

do not + 一般動詞

I do not like vegetables.
私は野菜が好きじゃありません。

You do not like cats.
私は猫が好きじゃありません。

否定文の短縮形

会話では、「do not」を短縮して「don’t」にすることがあります。

I don’t like vegetables.
私は野菜が好きじゃありません。

You don’t like cats.
私は猫が好きじゃありません。

一般動詞の否定文2 (3人称単数)

主語に3人称単数(he、she、it)が使われている英文は、一般動詞の前に「does not」を入れます。

3人称単数につきましては、動画-一般動詞02をご覧ください。

ここでは現在形の疑問文を例にしています。それ以外の時制につきましては、「過去形」、「未来形」をご覧ください。

does not + 一般動詞

He does not play tennis.
彼はテニスをしません。

She does not play basketball.
彼女はバスケットボールをしません。

否定文の短縮形

会話では、「does not」を短縮して「doesn’t」にすることがあります。

He doesn’t play tennis.
彼らはテニスをしません。

She doesn’t play basketball.
彼女はバスケットボールをしません。

 

次は「疑問文・be動詞(英文法の勉強)」をご覧ください。

このページの先頭へ