過去進行形とは?(英文法の勉強)

「そのとき(過去のあるとき)に進行中だったこと」を意味する過去進行形です。英文法の「過去進行形(過去進行形とは?)」を勉強しましょう。

「○」はGoogle翻訳にリンクしてあり、英語の発音を聴くことができます。詳しくは「はじめに」をご覧ください。

過去進行形の英語表記:Past continuous tense 、Past progressive tense

英語で書かれたテキストで英文法を勉強する場合は参考にしてください。

過去進行形 (そのとき)~していました

過去進行形とは、「そのとき(過去のあるとき)に進行中だったこと」を表し、日本語訳にすると「(そのとき)~していました」となります。

過去進行形にするには「be動詞(過去形) + 一般動詞 + ing」です。

主語 + be動詞(過去形) + 一般動詞 + ing + □
・□ = 補語や目的語

現在進行形とはbe動詞が現在形なのか過去形なのかの違いだけです。過去を表す言葉なくても、「そのとき」という意味が隠れいてると考えてください。

過去進行形は、「~をしていたとき」(when)と一緒に使われることがあります。詳しくは、「★★接続詞のwhen(作成中)」をご覧ください。

I was playing baseball.
私は野球をしていました。

He was driving a car.
彼は車を運転していました。

She was waiting for him.
彼女は彼を待っていました。

現在進行形とはbe動詞が現在形なのか過去形なのかの違いだけです。過去を表す言葉なくても、「そのとき」という意味が隠れいてると考えてください。

基本的には一般動詞の語尾に「ing」をつければOKですが、動詞によっては異なります。詳しくは「現在進行形-ingのルール」をご覧ください。

過去形と過去進行形との違い

過去形と過去進行形の英文を見てみましょう。

I played soccer.
私はサッカーをしました(過去形)

I was playing soccer.
私はサッカーをしていました。(過去形進行形)

過去形の英文は「過去においてサッカーをしていた」という静止画(写真)のイメージ、過去進行形は「そのころ、サッカーをしている最中だった」という動画(映像)のイメージです。

会話の中で、過去形でも過去進行形でも過去にしていたことに変わりがないので、どちらを使っても相手に意味は通じますが、過去進行形の方が動きが感じられます。

過去形の場合は、always(いつも)、usually(たいてい)、often(しばしば)、sometimes(ときどき)など、頻度を表す副詞を使うと、過去の習慣(今はやっていないけど、あの頃はやっていた)を表すこともできます。

 

次は「過去進行形・否定文と疑問文(英文法の勉強)」をご覧ください。

このページの先頭へ