人称代名詞(英文法の勉強)

人称代名詞は人や物の名前の代わりに使う名詞です。難しい言葉が出てきますが、言葉は覚えなくても大丈夫です。英文法の「人称代名詞」を勉強しましょう。

「○」はGoogle翻訳にリンクしてあり、英語の発音を聴くことができます。詳しくは「はじめに」をご覧ください。

人称代名詞の英語表記:Personal pronoun

英語で書かれたテキストで英文法を勉強する場合は参考にしてください。

人称代名詞とは?

人称代名詞とは、話している人、話を聞いている人、その場にいないけど会話に出てきた人や物の名前の代わりに呼ぶ名詞です。

日本語の場合

例えば、自分と田中さんの2人で話しているとします。日本語では田中さんのことを言う場合「田中さんは親切ですね」、または主語を使わず「お寿司が好きなんですね」と言います。

自分と田中さんが話していて、第3者の「中村さん」(男性)について話す場合、「中村さんはお元気です」、「中村さんは学校に通っています」というように、名前を毎回使います。

英語の場合

英語には法則があります。

主語は必ず使う

相手の名前は使わずに代名詞を使う

第3者について話すときは、最初に名前を使い、それ以降は代名詞を使う

この法則があるため、英会話で話をするために、人称代名詞を覚える必要があります。

人称代名詞の種類

3つの人称代名詞

人称だ名詞には大きく分けて「1人称」、「2人称」、「3人称」があり、その中に主格、所有格、目的格があります。

1人称 : 自分、自分を含む複数の人(私、私たち)

2人称 : 自分が話しかけている相手、または複数の相手(あなた、あなたたち)

3人称 : 一人称、二人称以外の人や物(彼、彼たち、彼女、彼女たち、それ、それら)

人称代名詞の形

人称代名詞を主語で使う場合、目的語で使い場合など、使われ方によって形が変わります。

主格 : 主語(単体)で使われる場合(私は、あなたは、彼は など)

所有格 : 主語(名詞と一緒)で使われる場合(私の、あなたの、彼の など)

目的格 : 目的語として使われる場合(私を、あなたを、彼を など)

所有代名詞 : 私のもの、あなたのもの、彼のもの など

再帰代名詞 : 私自身、あなた自身、彼自身 など

人称代名詞の表

人称代名詞は表で確認するとわかりやすいです。管理人のmakoも中学校のころに必死で覚えました。

単数(1つ)と複数(2つ以上)の2種類あり、単数の3人称は三人称単数と呼び、主語の場合は動詞が変化します。

単数の人称代名詞

人称 意味 主格
~は
所有格
~の
目的格
~を
所有代名詞
~のもの
再帰代名詞
~自身
1人称 I my me mine myself
2人称 あなた you your you yours yourself
3人称 he his him his himself
彼女 she her her hers herself
それ it its it itself

 

複数の人称代名詞

人称 意味 主格
~は
所有格
~の
目的格
~を
所有代名詞
~のもの
再帰代名詞
~自身
1人称 私たち we our us ours ourselves
2人称 あなたたち you your you yours yourselves
3人称 彼ら they their them theirs themselves
彼女ら
それら

 

次は「動詞・種類(英文法の勉強)」をご覧ください。

このページの先頭へ