動詞・種類(英文法の勉強)

英語の動詞には大きく分けて「be動詞」と「一般動詞」があります。詳細はそれぞれのページ「be動詞」と「一般動詞」にあります。ここでは英文法の「動詞の種類」を勉強しましょう。

「○」はGoogle翻訳にリンクしてあり、英語の発音を聴くことができます。詳しくは「はじめに」をご覧ください。

動詞の英語表記:Verb

英語で書かれたテキストで英文法を勉強する場合は参考にしてください。

動詞の種類

英語の動詞は2種類あります。

一般動詞

動詞とは「歩く」、「話す」、「食べる」など、動きを表わす言葉です。英語では動詞が2種類あるため、この動きを表す動詞のことを「一般動詞」と言います。

例:私は映画を見ます。あなたは車を運転する。

一般動詞は基本的には同じ形を使いますが、主語や時制(現在、過去、未来)などによって、少しだけ形が変わります。

動きを表す言葉は、たくさんあるため覚えるのがちょっと大変です。

動詞をわざわざ一般動詞という理由は、英語には特殊な動詞である「be動詞」という動詞があるからです。

詳しくは「一般動詞」をご覧ください。

be動詞

be動詞は文章の中で動きを表す言葉にはなりませんが、元々は「be」(~する)という動詞が変化して使うようになりましたので、動詞の仲間となっています。

日本語にすると「~です」になります。

例:私は田中です。あなたは親切です。

be動詞には「私」が主語のときだけ使う「am」、「あなた」や「彼ら、彼女ら」など複数形が主語のときに使う「are」、「彼、彼女」など「am」と「are」以外が主語のときに使う「is」の3つだけです。

過去についての文章のときには、「was」や「were」の形に変わります。

詳しくは「be動詞」をご覧ください。

動詞の場所

基本的に動詞は主語のすぐ後ろに使います。副詞が使われる場合は異なりますが、ここではあまり気にしないでください。

主語 + 動詞 + 文を説明する言葉

動詞は1つの文に1つだけ

基本的には「動詞は1つの文に1つだけ」というルールがあります。be動詞と一般動詞は同時に使うことがありません。

動きを表す場合は一般動詞だけ、動きを表す必要がない場合be動詞だけ使ってください。

ただ例外として、be動詞と一般動詞、一般動詞を複数使う場合がありますが、文法としては動詞は1つの扱いになります。

 

次は「動詞・be動詞(英文法の勉強)」をご覧ください。

このページの先頭へ