基礎をしっかり作る(スピードラーニング)

英語教材を使って勉強するには費用がかかりますが、良質な教材で効率よく英語が勉強できます。英語初心者の方にスピードラーニング(英語教材)の「基礎をしっかり作る」についてお伝えします。

リスニング力を身に付ける

「1日5分からの聞き流し」の「もっと英語の上達を早める方法」でもお伝えしましたが、英語ではアウトプット(スピーキング)が非常に大切です。

しかし、英語の基礎(特にリスニング力)を身に着けなければ、アウトプットする力は身に付きませんし、そもそも相手が何を言っているのかわからなければ、会話が成り立ちません。

アウトプットが全然できなくてもリスニング力があれば、相手の言っている内容がわかるため、単語を繋げながら何とか会話が成り立ちます。

リスニング力がある人は、リスニング力がない人と比べると、英語の上達が圧倒的に早いです。

中学レベルのリスニング力では厳しい

「中学レベルの英語力があれば、英語は何とかなる」とよく言われます。

英語の文法、単語、熟語は、中学レベルでもOKですが、リスニングは中学レベルのスピードでは通用しません。

特にネイティブが話す内容を文章にすると文法、単語、熟語は比較的簡単な表現なのですが、英語のスピードは中学レベルと比べるとかなり速いです。

理想は両立ですが・・・

理想は「リスニング力を身に付けながら、アウトプットしていく」ですが、忙しい日々の中で両立させるのは難しいと思います。

そのため、まずはスピードラーニングでリスニング力を身に付けることに主眼を置いてください。

そして、その合間に無料電話英会話サービスやイベント(英会話イベントやパーティーなど)で、アウトプットにチャレンジしてください。

リスニング力は日本でも身に付く

「海外に行かないと英語が上達しない」と思っている人もいます。

確かに日本では英語で会話する機会はあまりありません。しかし、リスニングはいつでもできます。

スピードラーニングに関わらず、インターネットやスマホのアプリでは英語を聞こうと思えば、様々なツールがあります。

スピーキングは勉強というよりも「慣れ」が大切です。リスニング力を身に付け、場数を踏めば、スピーキング力は確実に身に付きます。

リスニング力という基礎を身に付ければ、あとは新しいこと(スピーキング力、単語力など)を付け足していくだけです。

まずはリスニング力をしっかり身につけてください。

文法を理解すると英語の上達が早い

「文法を勉強しなくてもいい」という意見があります。

英語漬けの毎日を送っていれば、文法を勉強しなくてもいいかもしれませんが、忙しい日々を送っていると英語に触れられる時間は限られています。

リスニングのみに焦点を当てるのも間違いではないのですが、リスニングと平行して文法を勉強すると英語の上達スピードが早くなります。

大学入試に必要な文法を身に付ける必要はありません。世間で言われているような中学生レベルの文法でOKです。

文法の勉強に興味がある方は「英文法の勉強法」をご覧ください。

 

次は「中古販売(スピードラーニング・英語教材)」をご覧ください。

 

スピードラーニングに興味がある方は「スピードラーニングの公式サイト」をご覧ください。

このページの先頭へ