勉強法・アウトプット(スピードラーニング)

英語教材を使って勉強するには費用がかかりますが、良質な教材で効率よく英語が勉強できます。英語初心者の方にスピードラーニング(英語教材)の「勉強法・シャドーイング」についてお伝えします。

電話で外国人と英語を話す

スピードラーニングのリスニングで英語を聞く力を身に付け、シャドーイングで英語を独りで話すの力を身に付け、いよいよ無料電話英会話サービスで外国人と話す力を身に付けます。

スピードラーニングを受講中の方は、教材1巻につき2回(1回5分間)を電話を使って外国人と会話することができます。

無料電話英会話サービスには、自由なトピックで話す「フリートーク」と教材の内容を勉強する「リッスン&リピート」があります。

スピードラーニングの無料電話英会話とは?(スピードラーニング公式チャンネル)

英語だと長い5分間

日本語で話すとあっという間の5分間も、英語で話す5分間は、日本語と比べ物にならないほど長く感じます。

最初の頃は、外国人が話す英語に全力で耳を傾け、脳をフル回転させ英語を話します。かなり集中するため、充実した5分間になりますよ。

スピードラーニングの無料英会話をやってみた(スピードラーニング公式チャンネル)

英語の勉強よりも外国人と話すことに慣れる

海外(英語圏)に語学留学中、英語を口に出すことの難しさを実感しました。

リスニング力が乏しいときは、英語を話す以前の問題ですが、リスニング力がついても、思ったことがなかなか話せません。

頭では理解しているはずの単語やセンテンスもが思うように出てきません。

これは英語力の問題ではなく「英語を話す」という経験が圧倒的に少ないからです。

日本人は「きちんとした英語を話せないと恥ずかしい」と思ってしまうので、なおさらです。

英語初心者の方は、外国人と英語で話すのは照れてしまったり、恥ずかしかったり、緊張してしまったりして、思うように英語が出てこないと思います。

最初はそれが当たり前。

無料電話英会話サービスでは、「英語の勉強をする」というより、英語で会話(特に外国人と)をすることに慣れる(免疫力をつける)こと大切です。

できればフリートークで英語を話すことに慣れてもらえればと思うのですが、「いきなり英語で話すのはちょっと無理」という方は、リッスン&リピートで教材の内容を教えてもらってもOKです。

リッスン&リピートだけでも、英語でのコミュニケーションが必要になりますので、少しずつですが英語を話すことに慣れていきます。

英語が話せるようになるまで待たない

「英語が話せないと恥ずかしいから、上手に話せるようになってから無料電話英会話サービスを受けます」という人も多いと思います。

そういう考えや英語に対する苦手意識を払拭するために無料電話英会話サービスがあります。

英語が全く話せなくても、相手の言っている英語が聞き取れなくても、無料電話英会話サービスを受けてください。

「英語は全然話せない」という人でも、「ハロー」と挨拶はできますよね?自分では全く話せないと思っていても、日常で使う英語は意外と知っているはずですよ。とにかく「英語で話す(会話する)」という経験をしてください。

まだ無料電話英会話サービスを受けたことがない方へ(スピードラーニング公式チャンネル)

語学交流イベント

スピードラーニングには、地域ごとに開催される「イングリッシュ・カフェ」、クリスマスやハロウィーンに開催されるイベントがあります。

無料電話英会話サービスで英語を話すことに慣れてきたら、いよいよ外国人と直接話して自分の英語力を試しましょう。

決して消極的になってはいけません。ここまで来たら、あとは気持ちの勝負です。

上手に英語が話せなくても、表情や声のトーン、ジェスチャーなどで、相手に伝えようとする気持ちが出てくるはずです。

その「何とか伝えようとする気持ち」が大切です。モゴモゴ話さず、一生懸命に大きな声で話そうとしていれば、必ず相手も聞き取ろうとしてくれます。

英語を上達させるコツは、「慣れ」と「積極性」です。

スピードラーニングの教材をしっかり聞いて、無料電話英会話サービスやイベントで英語をアウトプットできれば、きっと英語が上達します。

英語を実践する場所を探す

スピードラーニングの受講を終えた後でも、英語レベルを持続、またはアップさせるためには、アウトプットが大切です。

英語の勉強に費やせるお金が豊富な方は「英会話教室」、少し余裕がある方は「オンライン英会話」、無料で探したい方は「英会話サークル」があります。

英語が上達するには継続することが重要です。少しずつでもいいので、英語の勉強を楽しみながら、継続してください。

 

スピードラーニングに興味がある方は「スピードラーニングの公式サイト」をご覧ください。

このページの先頭へ