勉強法・シャドーイング(スピードラーニング)

英語教材を使って勉強するには費用がかかりますが、良質な教材で効率よく英語が勉強できます。英語初心者の方にスピードラーニング(英語教材)の「勉強法・シャドーイング」についてお伝えします。

シャドーイングとは?

「英語を聞きながら、その英語を追いかけるように口に出す方法」をシャドーイングと言います。

単語ごとにシャドーイングするというよりも、短いセンテンスごとにシャドーイングします。

英語初心者の方が、長い文章をシャドーイングするのは非常に難しいため、最初は短いセンテンスをオススメします。

実際に英語で話すときに必要

勉強法・リスニング」で英語の聞き取りができるようになっても、英語を話すことはまだ難しい段階です。

リスニング力がかなり上がったとしても、実際に英語を話すときにはなかなか口から英語が出てきません。

シャドーイングは、実際に自分の口を動かして英語を口に出しますので、英語を話す練習になります。

英語を聞くだけよりも英語学習の効果が高いのですが、英語を聞き取れないとシャドーイングはできません。そのためにまずは「勉強法・リスニング」で、リスニング力をつけてください。

スピードラーニングでシャドーイング

スピードラーニングの英語と日本語の音声では、英語の後に日本語が流れるため、シャドーイングに適しています。

英語だけの音声の場合、速いスピードでシャドーイングしなければいけません。シャドーイングしている間に、音声が次のセンテンスに行ってしまい、次のセンテンスが聞き取れなくなってしまいます。

スピードラーニングの場合は、英語のセンテンスがそれほど長くなく、日本語が流れている間にシャドーイングができ、次のセンテンスへの準備ができます。

英語と日本語の音声でシャドーイングができるようになったら、英語のみの音声でシャドーイングにチャレンジしてください。

英語の意味がわからなくてもOK

シャドーイングでは、英語の意味(単語の意味)がわからなくても大丈夫です。

スピードラーニングでは日本語の音声が流れるおかげで、会話のイメージは簡単にできます。イメージしながらシャドーイングするとより効果が高いです。

シャドーイングができない環境

外出先など人が周りにいる状態でシャドーイングをするのは、ちょっと恥ずかしいですよね。

そういう環境にいるとき、実際に声を出さなくてもいいので、可能なら、頭の中で声を出しながら、口を動かしてください。

それでも人に見慣れて恥ずかしい場合は、頭の中で声をだしながらシャドーイングしてください。

それだけでも効果があります。

ディクテーションは無理にやらなくてもOK

ディクテーションとは、「英語を聞きながら、リスニングだけを頼りに英語を書き取る方法」のことです。

ディクテーションができればより理解力が高まりますが、かなり労力が必要です。

スピードラーニングは、筆記用具なしの音声だけで英語が勉強できるのが特徴なので、ディクテーションまでやらなくてもいいと思います。

もちろん「ディクテーションをやらないよりは、やった方が絶対にいい」ことは間違いありません。

ただ、そこまでやると大変なため、モチベーションが下がったり、挫折したりしてしまう可能性があります。

「もう1段階上のステージに進みたい」「リスニングもシャドーイングも完璧にできるようになってやることがない」という人は、ディクテーションにチャレンジしてみてください。

 

次は「勉強法・アウトプット(スピードラーニング・英語教材)」をご覧ください。

 

スピードラーニングに興味がある方は「スピードラーニングの公式サイト」をご覧ください。

このページの先頭へ