TOEICについて(TOEICの勉強法)

日本では英語のテストとして地位を確立しているTOEIC。英会話のレベルとTOEICのスコアはイコールではありませんが、TOEICのスコアは企業への就職に役立ちます。英語初心者の方に「TOEICについて(TOEICの勉強法)」をお伝えします。

初心者にTOIECは必要?

「初心者だけど、英語を話せるようになりたいから、まずはTOEICの勉強をしよう」という考えは間違っています。留学やワーキングホリデーで海外へ行く人も同じです。

あくまでも、TOEICは英語を勉強した成果を試す試験であって、最初から目指したり、英語を話せるようになりたいから勉強する試験ではないのです。

初心者の人が、いきなりTOEICの勉強をしても、さっぱり理解できず、最悪の場合は英語が嫌いになってしまいます。

まず、英語の初心者の人は英文法、リスニング、発音、スピーキング、リーディング、ライティングを勉強して、それで英語の実力がついてきたら、腕試しとしてTOEICに挑戦してみてください。

それでもTOEICは必要?

「TOEICのスコアが高いのに英会話は全然できない」、「ネイティブに英語が通じない」などの話を聞きます。

基本的にTOEICは英文法、リスニング、リーディングの試験です。TOEICの勉強をすれば、確かに英語力は身に付きますが、英語でコミュニケーションをとる能力は身に付きません。

さらに同じ英語力の人でも、解き方のテクニックを勉強すれば、簡単にスコアがアップしてしまうのです。TOEICは、受験勉強と同じで、机の上だけの英語なので、実践向けではありません。

とは言え、企業に就職する場合、自分英語力を証明する場合に、TOEICのスコアは重要になることもあります。

数年前に、スピーキングとライティングのTOEIC SWが開始されましたので、こちらを勉強すれば、英会話をするときに必要な能力を身に付けることができます。

海外でのTOEIC

TOEICは日本を始めアジア諸国では有名ですが、欧米ではほとんど知られていません。

欧米ではCambridge Examination(ケンブリッジ英語力検定試験)、IELTS(アイエルツ)が一般的です。

海外の語学学校のTOEICコースは、ほぼ間違いなくアジア人(特に日本人と韓国人)が占めていますので、ヨーロッパ人がいる環境で勉強したい場合はケンブリッジやアイエルツの勉強をしましょう。

ただ、日本では就職にTOEICスコアが必要な場合が多いので、その場合は海外で日本人が教えているTOEIC学校に通うと、かなりスコアがアップします。

 

次は「英語力が中級以上の人(TOEICの勉強法・英語勉強法)」をご覧ください。

このページの先頭へ