英語力が中級以上の人(TOEICの勉強法)

日本では英語のテストとして地位を確立しているTOEIC。英会話のレベルとTOEICのスコアはイコールではありませんが、TOEICのスコアは企業への就職に役立ちます。英語初心者の方に「中級以上の人(TOEICの勉強法)」をお伝えします。

中級以上の英語力がついたら

中級以上の英語力がついてきましたら、TOEICに挑戦してみてください。

特にTOEICでは英文法とリスニング、ボキャブラリー(英単語や熟語)が重要なので、TOEICのテキストで、しっかりと勉強してください。

留学やワーキングホリデーで海外に滞在する人は、海外へ出発前と帰国後の両方にTOEICを受験して、スコアを比較することをおすすめします。そうすると海外での成果がはっきりとわかります。

TOEICの種類

TOEICには文法、リスニング、リーディングを中心とした「TOEIC Test」とスピーキングとライティングを中心とした「TOEIC SW Tests」があります。

日本では従来の「TOEIC Test」がまだ一般的です。

TOEICのスコア

「TOEIC Test」には受験勉強と同じ能力が必要になります。

よく「ネイティブがTOEICを受けても、高いスコアがとれない」と言われるのはそのせいです。逆に、「英語が話せなくても高いスコアが取れる」、「海外経験がなくても高いスコアが取れる」という現象が起こります。

受験勉強のように黙々と答え、問題への慣れ、そしてテクニックがあれば、スコアが大幅にアップします。これが欧米でTOEICが有名ではない理由なのではないでしょうか。TOEICは、英会話をしたことがなくても、やり方次第では高いスコアが取れてしまうのです。

最近ではこの状況を打開するために、スピーキングとライティングを中心とした「TOEIC SW Tests」が実施されるようになりましたので、TOEICの今後には期待しています。

 

次は「おすすめテキスト(TOEICの勉強法・英語勉強法)」をご覧ください。

このページの先頭へ