ライティングについて(ライティングの勉強法)

リーディングと同じく、ライティングも英会話においてそれほど重要ではありませんが、英語全体のレベルを上げるのに役立ちますので、英文を書くことに慣れましょう。英語初心者の方に「ライティングについて(ライティングの勉強法)」をお伝えします。

ライティング = スピーキング

リーディング=リスニング」と同じように、ライティングとスピーキングは思考方法が似ています。

スピーキングは話したいことを順番に英語で発しなければいけません。ライティングも同じで、後戻りをせずに英語の文章を書く必要があるからです。

英会話をメインに勉強する人はライティングよりも、スピーキングを先に勉強します。

そのため、スピーキング力が伸びると、ライティング力も伸びていきます。

ごまかしがきかないライティング

スピーキングの場合、複数形の「S」や三単現の「S」、前置詞が抜けていたり、時制が合っていなくても相手に通じます。

文法を気にし過ぎて話せないなら、間違っていても話した方がいいぐらいです。

ライティングは、文字が証拠として残るので、スピーキングと同じように「何となく」では、ごまかしがききません。

このことから、ライティングを勉強すると「自分がいかに何となくスピーキングをしていたのか?」を痛感します。

特に単語のスペルは驚くほど覚えていないこともありますので、ライティングで自分の弱いところをチェックしましょう。

パソコンよりも手書き

これは英語だけではなく、勉強全般に言えることですが、ライティングの勉強をするときもパソコンでタイピングするよりも、手書きで書いた方が勉強になります。

管理人のmakoは何をするにもパソコンを使うので、手書きは面倒と思ってしまうのですが、手書きで英文を書いた方が、記憶にも残りますし、ライティングの感覚もわかりやすいです。

精神論的に「手書きじゃなきゃだめ」はよくありませんが、ライティングに関しては手書きの大切さを実感できます。

 

次は「初心者からの勉強法(ライティングの勉強法・英語勉強法)」をご覧ください。

このページの先頭へ