初心者からのライティング勉強法

リーディングと同じく、ライティングも英会話においてそれほど重要ではありませんが、英語全体のレベルを上げるのに役立ちますので、英文を書くことに慣れましょう。英語初心者の方に「初心者からの勉強法(ライティングの勉強法)」をお伝えします。

ライティングのモチベーションを上げる

「英語が話せるようになりたい」、「ネイティブと会話がしたい」という人でも、ライティングの勉強に対してのモチベーションが上がらないことが多いです。

英会話にはライティングが必要ないため(もちろんできるに越したことはありません)、目標設定がしづらい状態です。

「ライティングする機会がないから勉強する必要はない」という気持ちは理解できます。管理人のmakoもライティングの勉強は好きではありません。

しかし、ライティングの勉強をすると確実に英語力が底上げされますので、日常において、ライティングの勉強のルール作り、ライティングをせざるを得ない状況を作ることをおすすめします。

日記を書く

ライティングにとって一番重要なこと。それは英語を書くことです(そのままですが・・・)

どんな英語でも、どんな内容でも、とにかく英文を書いて慣れることです。「でも、英語で何を書けばいいの?」と思いますので、まずは日記を書きましょう。

「そんなの面倒だよ~」

はい。面倒です。

長い文章じゃなくても構いません。まずはノートに2行、3行ぐらいの日記を書き、少しずつ増やしていってください。

これを続ければ確実にライティング力はアップします。

メールを書く

ライティングの勉強法-ライティングについて」で「パソコンよりも手書きで勉強してください」と言っておきながら、「メールでを書く」というのも違和感がありますが、手書きの英文は日記で勉強してくださいね。

「ネイティブの友達もいないのに誰に英語のメールを送るの?」と言われますが、日本人でもいいんです。

ネイティブでも英語の先生じゃなければ、英文の添削などしてくれません。その点では日本人にメールを送っても同じです。

英語を勉強している友達がいる人は英語でメールのやりとりをしましょう。

そうすれば、「メールの返信をしなければ」と英語を書く強制力が生まれます。

英文を書くときの注意

英語には同じことでも複数の言い回しがあります。

いつも同じセンテンス、英文法を使っていても、ライティングのレベルアップはできませんので、英文を書くのに慣れてきましたら、新しい言い回しを使ってください。

英文法の正確さはもちろん、単語のスペルがわからないときは辞書で調べて、正確な英文を書くように心がけてください。

 

次は「TOEICについて(TOEICの勉強法・英語勉強法)」をご覧ください。

このページの先頭へ