映画が好きな人(映画)

好きな映画を英語の教材として使えば、楽しく英語が勉強できます。英語初心者の方に「映画が好きな人(英語の勉強に適した映画)」をお伝えします。

映画が好きな人の英語力

映画が好きな友達はいますか?映画が好きな芸能人はたくさんいます。映画評論家は年間に数多くの映画を見ています。

映画が好きな人は登場人物の声をそのまま聴きたいので、必ずと言っていいほど日本語吹き替えではなく、英語の音声と日本語字幕で見ます。

これらの人は英語が自然に話せるようになっているのでしょうか?

確かに「日本語字幕を見ているから英語がわからなくても大丈夫」です。しかし、日本語字幕を見ていても、英語の音声をかなりの時間に渡り聴いているはずです。

短いセリフはわかるようになるかもしれませんが、映画を見ているだけで、英語がペラペラになっていないと思います。

映画を楽しむだけなら必要ありませんが、映画で英語を勉強するにはちゃんとした勉強法に基づいて映画を見ないと「ただ映画を見ただけ」になってしまいます。

海外に行かず映画で勉強した友達

管理人のmakoがワーキングホリデーでオーストラリアに滞在しているとき、とても英語が上手な友達と出会いました。その友達は発音が上手で、話し方が日本人とは明らかに違い、まるでネイティブのようでした。

友達は海外に来たばかり。それも初めての海外とのことです。

疑問に思った私は聞いてみました。

友達は映画が大好きで映画に出てくる俳優のセリフをリスニングし、その俳優と同じように英語を話せるように何度も何度も同じ映画を見ていたそうです。

自分の好きな映画の1つのシーンから始まり、映画全編をマスターし、また違う映画で勉強する。この繰り返しが友達の英語力を上達させたのです。

ただ、最初から映画やドラマで英語の勉強ができたわけではありません。

英文法やリスニングの基礎を勉強していたので、映画を使って英語力が上がったのです。

好きな映画で勉強することはとても大切です。「これだ」と思った映画を何回も見て、セリフを真似してみましょう。

 

次は「映画を使った英語勉強法(英語の勉強に適した映画・英語勉強ツール)」をご覧ください。

このページの先頭へ