「英語の5文型」と聞くと「SとかVとか出てくるややこしいのでしょ?」と思う人もたくさんいますよね。

私も英語を勉強し始めたときはそうでした。

ただ、英語の5文型は英語の基本中の基本。

これがわかっていると今後の英語の勉強に大きな差が出ます。

今回は英語の5文型について、簡単な見分け方や覚え方を例文を使いながら、わかりやすく解説していきます。
 

ちなみに5文型のことを英語でこう言います。

Five sentence patterns

英語の5文型なんていらない?

結論から言うと、英語の5文型は、初心者の人にとって非常に重要です

5文型が理解できると英語、特に英文法の理解力が深まります
 

ただ、「英語の5文型なんていらない」という内容をインターネットで見ることがあります。

「いらない」は大げさだとしても、「5文型を意識する必要がない」と伝えているサイトもあります。

私の周りの帰国子女、海外の生活で英語を身に着けた人の中にも「英語の5文型なんていらない」や「覚える必要がない」という人がいるのは事実です。

実際にネイティブの友達に聞いてみると5文型を意識して話していません。

これは日本人でも、日本の文法を意識して日本語を話していないのと同じ感覚ですね。
 

これらの人たちは実践を通じて自然に英語、特に5文型が身についているから、「5文型を意識して話してない」という認識なんだと思います。
 

ただ、英語の初心者の人が英語を話すときや勉強するときには、この感覚がありませんよね。

多くの英文法のテキストでは、5文型が最初に解説されていますよ。

それだけ英語を勉強するにあたり、5文型が重要ということです。
 

でも、よく考えると「英語の型は大きく分けると5つしかない」ということです。

そのため、この5文型が理解できると他の文法の勉強をするにあたって、かなり楽になります。
 

次から5文型について1つずつわかりやすく解説していきますので、気軽に考えてください。

ちなみに5文型のことを基本文型とも言いますが、一般的な言い方である5文型に統一しますね。
 

英語の5文型の見分け方

英語の5文型における文の構成要素は4つあります。

実際の英語では、名詞や動詞に追加で意味をつけ加える修飾語(Modifier 、略してM)もプラスします。
 

これらの役割は「英語における文の構成要素と文の種類を解説!」を確認してください。

 

この4つの文の構成要素を5つのパターンにしたものが、英語の5文型です。

  • 第1文型:SV(主語+動詞)
  • 第2文型:SVC(主語+動詞+補語)
  • 第3文型:SVO(主語+動詞+目的語)
  • 第4文型:SVOO(主語+動詞+目的語1+目的語2)
  • 第5文型:SVOC(主語+動詞+目的語+補語)

 

5文型を見分け方を理解するために、動詞について少し解説します。

動詞には自動詞と他動詞があり、それぞれの文型で「自動詞か他動詞のどちらを使うか?」が決まっています。

  • 自動詞:それだけで意味が通じる動詞
  • 他動詞:それだけで意味が通じず、目的語や補語が必要な動詞

 

動詞の違いも含めて、5文型の見分け方をわかりやすくまとめるとこんな感じです。

  • 第1文型(SV):この2つの単語だけで英文の意味が通じる(自動詞)
  • 第2文型(SVC):S=Cの関係が成り立つ(自動詞)
  • 第3文型(SVO):S=Cの関係が成り立たない(他動詞)
  • 第4文型(SVOO):O1に人、O2に物が入る、第3文型に書き換えができる(他動詞)
  • 第5文型(SVOC):O=Cの関係が成り立つ(他動詞)

 

それでは、例文を見ながら5文型の見分け方を確認していきましょう。

文型を1つずつ解説していきますね。
 

第1文型:SV(主語+動詞)

第1文型はS(主語)とV(動詞)だけの組み合わせです。

実際にはM(修飾語)で意味をつけ加えたり、M(修飾語)がないと意味がわかりづらくなることがあります。

日本語訳では「Sは(が)Vする」をメインに考えて、英文によって訳し方を変えていきます。
 

例文を見てみましょう。

例文では、S(主語)V(動詞)というようにわかりやすく色分けしています。

第1文型の例文 1

第1文型の1つ目の例文です。
 

I walked.
私は歩きました。
 

これだけでも意味は通じますが、修飾語の「in the park」をつけ加えるとより詳しい意味になります。

I walked in the park.
私は公園を歩きました。
 

  • S(主語)I
  • V(動詞)walked(walkの過去形)
  • M(修飾語):in the park

第1文型の例文 2

第1文型の2つ目の例文です。
 

She smiled.
彼女は笑いました。
 

修飾語の「happily」をつけ加えます。

She smiled happily.
彼女はうれしそうに笑いました。
 

  • S(主語)She
  • V(動詞)smiled(smileの過去形)
  • M(修飾語):happily

第1文型の例文 3

第1文型の3つ目の例文です。
 

The party started.
パーティーが始まりました。
 

修飾語の「five minutes ago」をつけ加えます。

The party started five minutes ago.
パーティーは5分前に始まりました。
 

  • S(主語)The party
  • V(動詞)started(startの過去形)
  • M(修飾語):five minutes ago

第1文型の例文 4

第1文型の4つ目の例文です。
 

My friend lives.
私の友達は住んでいます。

これだけだと意味がよくわからないですよね。
 

M(修飾語)の「in New York」をつけ加えると意味が通じます。

My friend lives in New York.
私の友達はニューヨークに住んでいます。
 

  • S(主語)My friend
  • V(動詞)lives
  • M(修飾語):in New York

第1文型の例文 5

第1文型の5つ目の例文です。
 

There is a cat.
猫がいます。

この「There is」は、何かが存在しているということを表していて、「~がいる」「~がある」という意味になります。
 

M(修飾語)の「on the roof」をつけ加えます。

There is a cat on the roof.
猫が屋根の上にいます。
 

「There is」の文の場合、「is」が動詞、「a cat」が主語になります。
 

  • S(主語)a cat
  • V(動詞)is
  • M(修飾語):on the roof


 
第1文型(SV)の場合、M(修飾語)はなくても英文の意味は通じますが、M(修飾語)があるとより詳しい意味になりますね。

第1文型(SV)で使われる動詞

第1文型では自動詞が使われます。

ここで使われるの自動詞は動詞だけで意味が通じるので、完全自動詞と呼ばれます。
 

例文で使った動詞以外に、第1文型で使える自動詞には下記のようなものがあります。

  • arrive(着く)
  • swim(泳ぐ)
  • come(来る)
  • go(行く)
  • stay(とどまる)
  • cry(泣く)
  • run(走る)
  • say(言う)
  • work(働く)


 

第2文型:SVC(主語+動詞+補語)

第2文型はS(主語)とV(動詞)の後に、C(補語)が続きます。

日本語訳では「SはCです」「SはCになる」のように「S」のことを説明する文型です。

この日本語訳でわかる通り、第2文型では「S=C」(SとCは同じことを示す)となります。
 

例文を見ると「S=C」の関係がわかりやすいので、さっそく例文を見ていきましょう。

例文では、S(主語)V(動詞)補語というようにわかりやすく色分けしています。

第2文型の例文 1

第2文型の1つ目の例文です。
 

He is a teacher.
彼は先生です。

この英文では、S(主語)の「He」とC(補語)の「a teacher」は同じ人のことを示しているため、「S=C」の関係が成り立ちます。

V(動詞)は「is」です。

第2文型の例文 2

第2文型の2つ目の例文です。
 

The game was funny.
そのゲームはおもしろかったです。

S(主語)の「The game」= C(補語)の「funny」が成り立ちます。

V(動詞)は「was」(isの過去形)です。

第2文型の例文 3

第2文型の3つ目の例文です。
 

I got angry.
私は怒っていました

S(主語)の「I」= C(補語)の「angry」が成り立ちます。

V(動詞)は「got」(getの過去形)です。

第2文型(SVC)で使われる動詞

第2文型では自動詞が使われます。

ここで使われるの自動詞は動詞だけでは意味が通じないため、、不完全自動詞と呼ばれます。
 

この第2文型では下記のような動詞が使われます。

  • become(~になる)
  • get(~になる)
  • turn(~になる)
  • stay(~のまま
  • keep(~のまま)
  • remain(~のまま)
  • feel(~の感じがする)
  • taste(~の味がする)
  • smell(~のにおいがする)

など。
 

第3文型:SVO(主語+動詞+目的語)

第3文型はS(主語)とV(動詞)の後に、O(目的語)が続きます。

日常の会話でよく使われる文型です。

第1文型と同じように、M(修飾語)で意味をつけ加えることもあります。

日本語訳では「Sは(が)OをVする」となります。

第2文型は「S=C」になりましたが、第3文型では「S=O」になりません
 

例文を見てみましょう。

例文では、S(主語)V(動詞)目的語というようにわかりやすく色分けしています。

第3文型の例文 1

第3文型の1つ目の例文です。
 

I drive a car.
私は車を運転します。

  • S(主語)I
  • V(動詞)drive
  • O(目的語)a car

第3文型の例文 2

第3文型の2つ目の例文です。
 

She cleaned the bedroom.
彼女は寝室を掃除しました。

  • S(主語)She
  • V(動詞)cleaned(cleanの過去形)
  • O(目的語)the bedroom

第3文型の例文 3

第3文型の3つ目の例文です。
 

He put the pencil case on the table.
彼はテーブルの上にその筆箱を置いた。

  • S(主語)He
  • V(動詞)put(putの過去形)
  • O(目的語)the pencil case

M(修飾語)の「on the table」をつけ加えています。

第3文型(SVO)で使われる動詞

この第3文型では他動詞が使われます。

他動詞は目的語がないと意味が通じないため、O(目的語)には名詞や代名詞が入ります。
 

第4文型:SVOO(主語+動詞+目的語+目的語)

第4文型はS(主語)とV(動詞)の後に、O(目的語)が2つ続きます。

この第4文型には「O」が2つあるため、最初を「O1」(間接目的語ともいいます)、2つ目を「O2」(直接目的語ともいいます)にしますね。

通常、「O1」には人、「O2」には物事が入り、日本語訳では「Sは(が)O1にO2をVする」で、何かを「~してあげる」「~してくれる」という文で主に使います。
 

第4文型は「to」や「for」を使って、第3文型(SVO)に書き換えることもできるんです。

この書き換えも含めて、「~してあげる」と「~してくれた」の例文を2つずつご紹介しますね。

例文では、S(主語)V(動詞)目的語1目的語2というようにわかりやすく色分けしています。

第4文型の例文 1:~してあげる

第4文型の1つ目の例文です。
 

I gave him the book.
私は彼にその本をあげました。

私が主語だと「~してあげた」という意味になります。

  • S(主語)I
  • V(動詞)gave(giveの過去形)
  • O1(目的語1)him
  • O2(目的語2)the book


 
第3文型への書き換え

I gave the book to him.
私は彼にその本をあげました。

  • S(主語)I
  • V(動詞)gave(giveの過去形)
  • O(目的語)the book

第4文型の例文2:~してあげる

第4文型の2つ目の例文です。
 

I bought my mother a watch.
私は母に時計を買ってあげました。

  • S(主語)I
  • V(動詞)bought(buyの過去形)
  • O1(目的語1)my mother
  • O2(目的語2)a watch


 
第3文型への書き換え

I bought a watch for my mother.
私は母に時計を買ってあげました。

  • S(主語)I
  • V(動詞)bought(buyの過去形)
  • O(目的語)a watch

第4文型の例文3:~してくれる

第4文型の3つ目の例文です。
 

My father sent me a letter.
私の父は私に手紙を送ってくれました。

  • S(主語)My father
  • V(動詞)sent(sendの過去形)
  • O1(目的語1)me
  • O2(目的語2)a letter


 
第3文型への書き換え

My father sent a letter to me.
私の父は私に手紙を送ってくれました。

  • S(主語)My father
  • V(動詞)sent(sendの過去形)
  • O(目的語)a letter

第4文型の例文4:~してくれる

第4文型の4つ目の例文です。
 

She cooked me a stew.
彼女は私にシチューを作ってくれました。

  • S(主語)She
  • V(動詞)cooked
  • O1(目的語1)me
  • O2(目的語2)a stew


 
第3文型への書き換え

She cooked a stew for me.
彼女は私にシチューを作ってくれました。

  • S(主語)She
  • V(動詞)cooked
  • O(目的語)a stew


 

第4文型と第3文型のイメージの違い

例文の第4文型と書き換え後の第3文型は日本語で訳すと同じになりますが、英語ではイメージが少し違います

もう1つ例文を使って、この違いをお伝えしますね。
 

例:彼女は私にチョコレートをくれました。
 

第4文型(SVOO)
She gave me a chocolate.
 

第3文型(SVO)
She gave a chocolate to me.
 

実際には英語でもほとんど同じ意味なのですが、第3文型は「彼女は私にチョコレートをくれました。私にくれたんだよ!」と「to」の後にある「me(私に)」が強調されているイメージがあります。

第3文型は「to」や「for」の後にくる名詞を強調するイメージで使ったりします。

第3文型の書き換えで使う「to」と「for」の違い

第4文型から第3文型に書き換えるときに使う「to」と「for」は、その英文に使われる動詞(他動詞)によって「どちらを使うか?」が異なります。

「to」を使う動詞

「to」は「相手に何かを渡す」イメージです。

第3文型で「to」を使う主な動詞はこちら。

  • give(与える)
  • tell(伝える)
  • teach(教える)
  • show(見せる)
  • pay(払う)

など。
 

これらの動詞は「give型」と呼ばれることがあります。

「for」を使う動詞

「for」は「相手のために何かをしてあげる」イメージです。
 

第3文型で「for」を使う主な動詞はこちら。

  • buy(買う)
  • make(作る)
  • cook(作る)
  • get(手に入れる)
  • choose(選ぶ)

など。
 

これらの動詞は「buy型」と呼ばれることがあります。
 

※場面によって同じ動詞でも「to」と「for」を使い分けることもあります。

 
 

例外として「ask(頼む)」を使った第4文型から第3文型に書き換えるときには「of」を使います
 

第4文型
I asked her a favor.
私は彼女にお願いをしました。
 

第3文型
I asked a favor of her.
私は彼女にお願いをしました。
 

この「ask」以外は基本的に「to」や「for」を使います。

第3文型の書き換えできない動詞

第4文型から第3文型に書き換えできない動詞もあります。

  • cost(費用がかかる)
  • envy(うらやむ)
  • save(省く)
  • forgive(許す)
  • spare(取っておく)

など。
 

日常生活で頻繁に使う動詞ではありませんが、「第4文型から第3文型に書き換えできない動詞がある」というだけでも覚えておくといいですよ。
 

第5文型:SVOC(主語+動詞+目的語+補語)

第5文型はS(主語)とV(動詞)の後に、O(目的語)とC(補語)が続きます。

日本語訳では「Sは(が)OをCする」となります。

この第5文型では「O=C」(OとCは同じことを示す)が成り立ち、C(補語)には名詞か形容詞が入ります。
 

例文で「O=C」の関係を見ていきましょう。

例文では、S(主語)V(動詞)目的語補語というようにわかりやすく色分けしています。

第5文型の例文 1

第5文型の1つ目の例文です。
 

I made him angry.
私は彼を怒らせました。

  • S(主語)I
  • V(動詞)made(makeの過去形)
  • O(目的語)him
  • C(補語)angry

Oの「him(彼)」とCの「angry(怒る)」は同じことを示しているため、「O=C」が成り立ちます。

第5文型の例文 2

第5文型の2つ目の例文です。
 

We call her Lucy.
私たちは彼女をルーシーと読んでいます。

  • S(主語)We
  • V(動詞)call
  • O(目的語)her
  • C(補語)Lucy

Oの「her(彼女)」とCの「Lucy(ルーシー)」は同じことを示しているため、「O=C」が成り立ちます。

第5文型の例文 3

第5文型の3つ目の例文です。
 

I found this book interesting.
私はこの本がおもしろいとわかりました。

  • S(主語)I
  • V(動詞)found(findの過去形)
  • O(目的語)this book
  • C(補語)interesting

Oの「this book(この本)」とCの「interesting(おもしろい)」は同じことを示しているため、「O=C」が成り立ちます。

第5文型で使われる動詞

第5文型では他動詞が使われます。
 

第5文型で使える自動詞には下記のようなものがあります。

  • make(~にする)
  • get(~にする)
  • keep(~にしておく)
  • call(~と呼ぶ)
  • name(~と名づける)
  • find(~とわかる)
  • think(~と思う)

など。

 
 

今回は英語の5文型の見分け方を例文を使って解説しました。
 

5文型の見分け方をわかりやすくまとめるとこんな感じでしたね。

  • 第1文型(SV):この2つの単語だけで英文の意味が通じる(自動詞)
  • 第2文型(SVC):S=Cの関係が成り立つ(自動詞)
  • 第3文型(SVO):S=Cの関係が成り立たない(他動詞)
  • 第4文型(SVOO):O1に人、O2に物が入る、第3文型に書き換えができる(他動詞)
  • 第5文型(SVOC):O=Cの関係が成り立つ(他動詞)

 

この5文型を理解していると他の英文法を勉強するときにスムーズに理解できるようになります。

すべて理解できなくても、基本の部分だけ理解できれば大丈夫ですよ。