英会話をしているときに相手が何を言っているかわからないと会話が成り立ちません。

スピーキングはやる気で何とでもなりますが、リスニングは日ごろの勉強の差がでます。

英語初心者の方に「英語のリスニングの効果的な勉強法を紹介!初心者や中級者におすすめは?」をお伝えします。

初心者からのリスニング勉強法

リスニングは慣れの部分が多いため、短時間で詰め込んでも上達しません。

少しずつ確実に勉強していきましょう。

英文は聞いた順番に理解していきますので、英文を読むときには決して、英文を戻って意味を考えないでください。

これが癖になってしまいますと後から直すのが大変です。

意味は言葉で考えるのではなく、頭の中でその情景をイメージしてください。
 

どのリスニングのテキストでも基本的な勉強法は同じですが、ここではリスニングのテキストとして、おすすめしました「速読速聴・英単語 Basic2400」を例にとってお伝えします。

1.テキストの最初から勉強を始める

通常、リスニングのテキストは最初の部分は簡単な英語で構成されていて、徐々に英語のレベルがあがりますので、最初から取り組みましょう。

最初は簡単だと感じても、基礎を固めるつもりで勉強してください。

2.テキストを見ずにリスニング

「速読速聴・英単語 Basic2400」は場面ごとにTopicで別れており、その中に数個の文章があります。その最初の文を聞きましょう。最初の方のTopicの文は3行~5行ぐらいなので、リスニングをしても、1分あるかどうかです。

まずは今の自分がどれだけの英語力、リスニング力があるか確認します。

集中して3回ぐらいリスニングをすると、最初は理解できなかったことも少しずつ聞き取れるようになってきます。

ここでさっぱりわからなくても、安心してください。これから勉強するので、わからなくて当たり前です。

3.英文を見ながらリスニング

この時点では、わからない英単語があっても気にしないでください。目で追いながらリスニングをします。3回繰り返します。

4.わからない英単語や熟語を確認する

「速読速聴・英単語 Basic2400」では英文に出てくるほとんどの英単語や熟語の意味と発音記号が載っていますので、確認します。

5.文法を確認する

「速読速聴・英単語 Basic2400」には英文ごとに「文法・構文」という項目があり、詳しく説明されています。

ここで説明されていない部分は高校総合英語Harvestなど、英文法のテキストを参照してください。

6.英文を見ながらリスニング

英単語と熟語、文法の意味がわからない前に比べると、英文の意味がわかるようになってきます。

7.英文訳を見る

英文訳は最後の最後に見ます。最初に英文訳を見てしまうと、全てがわかった気分になってしまい、リスニングの集中力に欠け、英単語や熟語、文法について考えなくなってしまうからです。

8.テキストを見ずにリスニング

ここまでするとリスニングができるようになっているはずです。

まだ「??」の場合は、英単語や熟語、文法、訳を確認しながら、再びリスニングをしてください。

9.リスニングしながら、英語を声に出して読む

受験勉強だけなら、自分で発音する必要がありませんが、みなさんは英会話で英語が話せるのを目的としているはずです。

実際に発音することにより理解が深まり、スピーキングの練習にもなります。詰まらずにスラスラ読めるようになればOKです。

英単語について

リスニングで出てきた英単語や熟語を少しずつ覚えてください。

毎回、勉強した英文の英単語を覚えます。しばらくすると忘れてしまうかもしれませんが、一度、覚える努力をした英単語は、次に出たときに少なくとも「見たことはある」ぐらいは覚えていますので、再び意味を調べます。それを繰り返して英単語というものは覚えていきます。

英単語を覚えるのに神経質になってしまうと、知らない英単語がたくさん出てきたときにやる気を失くしてしまいますので、知らない単語が出てきても気にしないようにしてください。

中級者のリスニング勉強法

ここからは中級者のリスニング勉強法についてお伝えします。

ネイティブの英語に慣れる

中級ぐらいの英語力があれば、あとはリスニングに慣れるだけです。

全く興味のない英語を長時間、何度も聞くのは苦痛になってしまいます。

リスニングの勉強法-おすすめテキスト(中級者)」で、ご紹介しました教材(ハリウッドスターの英語や世界の英語など)を参考に、自分が好きな人が話している人の英語、自分が興味がある話の英語をリスニングしてください。

英語の中級レベルになると、ゆっくりときれいな英語はリスニングができますので、あとは「ネイティブが日常生活で話す英語」に慣れるだけです。

わからない英単語や熟語

リスニングをする英語によっては、わからない英単語や熟語がたくさん出てくることもありますが、できるだけ英単語や熟語の意味、英文訳を見ずにリスニングに集中してください。

毎回、毎回、意味を確認する癖が付いてしまうと、実際の英会話をしたときに、わからない言葉が出てきた時点で思考が止まってしまいます。

わからない英単語や熟語の意味がわからない場合は、意味を何となく予測したり、無視してください。

初心者のころは細かいことを見逃さずに突き詰めて勉強しますが、中級レベルになると細かいことは気にせずに、「まぁ、こんな感じの意味じゃない」と考えることができれば、英会話に強くなります。

中級レベルの人は「細かいことは気にしない」ことが重要になってきます。

リスニングのテキストで「わからない英単語だらけ」という場合は、使っているテキストをやめて、英語のレベルを下げて、それをクリアしましたら、再挑戦してください。

ネイティブと会話をするとき

「ネイティブが日常生活で話す英語」が理解できるようになると、実際にネイティブと話したときに、相手の会話が理解できますので、あとは自分の気持ちを伝える英語を勉強するだけです。

ネイティブと会話をしていると、スピーキングがたどたどしくても、何とかなるものです。ただ、リスニングができないと、相手の話していることがわからないため会話になりません。

リスニングもスピーキングもどちらも大切ですが、ネイティブと会話をするときにはリスニングが一番重要なため、リスニングの中級以上のレベルがあれば、スピーキングが初級レベルでも何とかなります。