英会話をしているときに相手が何を言っているかわからないと会話が成り立ちません。

スピーキングはやる気で何とでもなりますが、リスニングは日ごろの勉強の差がでます。

英語初心者の方に「英語のリスニング教材のおすすめは?初心者に人気の教材を紹介!」をお伝えします。

非常に重要なリスニングの教材選び

「リスニングをするときに、実際にネイティブが話す英語の速度で聞かなければ意味がない。ネイティブが通常のスピードで話している教材がいい」という意見がありますが、内容がわからないと、相当のやる気がない限り、途中で挫折してしまう可能性大です。

自分がある程度の理解ができる教材を選び、少しずつレベルを上げていくことが重要です。

30%の内容が理解できるリスニングの教材

自分のレベルに合わせたリスニングの教材を選ぶにあたり、あまりにも簡単な教材を選んでしまうと、英語力が上達しません。

最初は、少なくても30%は理解できる英語のレベルと速度のリスニングの教材で、勉強することをおすすめします。

「学生の頃に勉強した英語をさっぱり覚えていない」という初心者の人でも、中学生で学ぶ範囲の英文法を勉強した後にリスニングの勉強を始めれば、最低でも初心者用のリスニングの教材がなんとなくでも理解できるはずです。

それでも「全然、英語がわからない」という人は、絵本のようにイラストが多く、文字が少ない子供向けのリスニングの教材を使いましょう。

リスニングの教材を選ぶポイント

リスニングの教材を選ぶポイントは以下の通りです。

多くの英単語の意味が載っている

英単語の意味が載っていない、または少ないと辞書を引く手間がかかり、リスニング勉強の効率が悪くなります。英単語を覚えるのも大切ですが、まずはリスニング力を身に付けるます。

英文法の解説が充実している

書き言葉と会話の英語は異なる(または省略)場合がありますので、英文法の解説は重要です。

30%の内容が理解できる

教材の内容の30%ほど理解できれば、少しずつ英語に慣れながら理解力を深めることができます。その後、リスニングの教材もステップアップしていきます。

 

最初のリスニング教材は長い間、使うものなので、自分が見やすく、「このリスニングの教材ならずっと勉強できそうだな」と思うものを使ってください。

初心者向けおすすめのリスニングの教材

makoが実際に勉強したおすすめのリスニングの教材(初心者)です。

速読速聴・英単語 Basic 2400(Z会)

「Z会」は多くの教育教材を提供している有名な会社です。

この「速読速聴・英単語 Basic2400」は、日常生活に必要な英単語やセンテンスが中心になっており、本文の訳、英単語や熟語の訳もしっかりと載っていますので、辞書を引く手間が省けます。

この「速読速聴・英単語」はシリーズ化されており、自分の英語レベルに合わせて選ぶことができるようになっています。

 

速読速聴・英単語 Basic2400(初級レベル)

速読速聴・英単語 Basic2400

楽天のレビュー

Amazon(アマゾン)のレビュー

速読速聴・英単語 Daily1500(初~中級レベル)

速読速聴・英単語 Daily1500

楽天のレビュー

Amazon(アマゾン)のレビュー

速読速聴・英単語 Core1900(中級レベル)

速読速聴・英単語 Opinion1400(中級レベル)

速読速聴・英単語 Business1200(中~上級レベル)

速読速聴・英単語 Advanced1000(上級レベル)

 

シリーズ全てを紹介しましたが、初心者の人が英語を勉強する場合は、「速読速聴・英単語 Basic2400(初級レベル)」を勉強するだけで十分です。

余裕があれば、速読速聴・英単語 Daily1500(初~中級レベル)を勉強してください。

この2つ以降の教材は、日常以外のちょっとした専門用語を中心に組み立てられていますので、新しいセンテンスや英単語を勉強したい人は挑戦してみてください。

この教材にはもちろんCDが付属しています。

 

ちなみに、管理人のmakoが勉強していた頃は、「速読速聴・英単語 Basic 2200」という名前で、発売元は「増進会出版社」だったのですが、改定された結果、名前とデザインが少し変わり、発売元が「Z会」になりました。