1日5分からの聞き流し(スピードラーニング)

英語教材を使って勉強するには費用がかかりますが、良質な教材で効率よく英語が勉強できます。英語初心者の方にスピードラーニング(英語教材)の「1日5分からの聞き流し」についてお伝えします。

英語の勉強を習慣化することが上達の秘訣

「人間は習慣の動物」と言われている通り、良いことも悪いことも、それが繰り返されることによって、性格や能力に反映されます。

そして、良いことも悪いことも習慣化されるとそれが当たり前になり、その習慣を変えたくなくなります(変えられなくなります)

英語の勉強だけでなく、ダイエット、ジョギング、筋トレ、早寝早起きも、習慣化さえしてしまえば、それが当たり前となって、日常に取り込まれます。

スピードラーニングの「1日5分からの聞き流し」という謳い文句は、英語を聞くということを習慣化するために最適です。

極端な話ですが、1ヶ月の間に1日だけ2時間30分の英語を聞くよりも、1ヶ月の間に毎日5分だけ英語を聞く方が、英語を聞くということが習慣化されます。

もちろん英語のレベルを上げることが最大の目標のため、もっと長い時間、英語を聞いて欲しいのですが、英語が上達する秘訣は「英語の勉強を習慣化する」ことです。

1日5分からの聞き流し

口コミサイトなどで「1日5分の聞き流しだけで英語が上達するわけがない」という意見もありますが、スピードラーニングの勉強時間は、「1日5分だけ」ではなく、「1日5分から」(最低でも1日5分、できるだけ多く)となっています。

決して「1日5分だけを聞き流せば、英語が上達する」とは謳っていません。

もちろん、1日5分だけ英語を聞き流していれば、少なからず英語は上達しますが、かなり進歩が遅くなります。

1日5分だけ英語を聞き流すとき

多くの人は、移動時間などスピードラーニングの教材を聞く時間がある程度は確保できると思いますが、どうしても時間が取れないときは、1日5分だけでも英語を聞いてください。

英語を聞くのが苦痛(英語を勉強しようとしている人にこのような人はいないと思いますが・・・)の場合も、せめて1日5分だけでも英語を聞いてください。

できるだけ多く(長い時間)英語を聞き流す

スピードラーニングで英語を勉強するときには、筆記用具は必要ありません。

CDを再生する機器やパソコン、スマホなど音声が再生できるプレーヤーがあれば十分です。

そのため、通勤、通学、車の運転中、家事、ジョギングなど、いつでもスピードラーニングの教材を聞き流せます。

「忙しくて英語を聞く時間がない」という人でも、英語を聞き流せる時間はかなり確保できるはずです。

どんな教材でも習慣化されれば英語が上達する

市販のテキスト、スピードラーニング以外の英語教材を徹底的に勉強すれば、間違いなく英語が上達します。

ただ、みんな英語の勉強が継続できないんです。一生懸命やれば英語が上達することはわかっているんです。

スピードラーニングは「いかに英語の勉強を続けることができるか(習慣化できるか)」が考えられた教材だと思います。

もっと英語の上達を早める方法

「1日5分からの英語の聞き流し」で、英語の勉強を習慣化できますが、それだけでは英語はなかなか上達しません。

「1日5分からの英語の聞き流しだけで、英語が上達する」と期待し過ぎて、「スピードラーニングはダメだ」と決め付けてしまう人がいます。

詳しくは「勉強法・リスニング」「勉強法・シャドーイング」「勉強法・アウトプット」でお伝えしますが、英語を上達させるために、英語の聞き流しにプラスして、下記のことを行います。

英語を聞き流すときにストーリーをイメージする

シャドーイング(英語を聞きながら口ずさむ)

無料電話英会話サービスを活用する

イベント(英会話イベントやパーティーなど)に参加する

英語を聞き流すだけではインプットしかできないため、英語を聞くときにストーリーをイメージして定着を深め、シャドーインでより理解を深めて、無料電話英会話サービスやイベントで英語をアウトプット(スピーキング)します。

スピードラーニングの受講者なら、教材1巻につき2回(それぞれ5分間)、電話で外国人やバイリンガルスタッフとの無料電話英会話サービスを受けたり、英会話イベントやパーティー(ハロウィーンやクリスマスなど)に参加できます。

スピードラーニングと言えば、「英語の聞き流し」というイメージが強いのですが、無料電話英会話サービスやイベントでのアウトプットができることが最大の特徴です。

そして、このアウトプットが英語では非常に重要です。

詳細は「勉強法・アウトプット」をご覧ください

 

次は「基礎をしっかり作る(スピードラーニング・英語教材)」をご覧ください。

 

スピードラーニングに興味がある方は「スピードラーニングの公式サイト」をご覧ください。

このページの先頭へ