ホームステイ(日常生活の英語・海外)

ホームステイはネイティブと会話ができる貴重な場所です。ホストファミリーと仲良くなってで英語力を伸ばしましょう。留学やワーキングホリデーで海外に滞在する英語初心者の方に「ホームステイ(日常生活の英語・海外)」をお伝えします。

ネイティブと話すことができる機会

実際に海外で生活をしてみると、ネイティブと会話ができる機会が非常に少ないことに気づきます。

語学学校では先生と話す機会がありますが、大半は留学生同士の会話。語学学校を卒業してからアルバイトをしても、日本人ばかり。

ネイティブがお客さんで来ても、決まった英語しか使わない。シェアメイトにネイティブがいても、生活が合わずに話す機会がない。

こんなことを書くと、ネガティブになってしまいますが、英語が上手になればネイティブと知り合いになる機会ががぐっと増えます。

このホームページに書かれていることを実践すれば、英語が上達しネイティブと話す機会ができますので、ご安心ください。

しかし、英語が初心者のときにネイティブと会話をする機会はほとんどありません。

初心者でもネイティブと話すことができ、相手がこちらに関心を持ってくれる。それがホームステイです。

どんなネイティブが多いの?

基本的に日本に興味を持つネイティブは海外に永住している中国人、韓国人、マレーシア人、インドネシア人などのアジア系が多いです。

特にアジアでは日本のアニメや漫画が人気なので、それに伴い日本語を学びたい人がいます。

ホームステイでの行動

朝早く起きて語学学校に通い、英語ばかりを使い頭が疲れていますが、ここは頑張ってホームステイ先に帰ってからも、ホストファミリーと話してください。

特に食事中は話しやすいので、その日にあった出来事をホストファミリーと共有しましょう。そうすることによって、自分も英語を話せますし、ホストファミリーと仲も良くなり、ホームステイでの生活が快適になります。

食事後も部屋の行かずにできるだけ、リビングなどホストファミリーが集まる場所にいましょう。会話をしたり、一緒にテレビを見ているだけで勉強になります。

初心者の人はホストファミリーと話すことを難しいと感じますが、ホストファミリーはこちらが英語があまり話せないことがわかっていますので、英語が話せないことを気にしないでください。

ホストファミリーと話している間に英語の教材を見たり、辞書を使っても問題ありません。語学学校からの帰りの電車やバスの中で、話す内容を考えておくのもおすすめです。

ホームステイが終わったあと

ホストファミリーと仲が良くなると、ホームステイ期間が終わった後でも、連絡のやり取りができ、遊びに行ったり、パーティーに呼んでもらったりしてもらえます。

私は今でもホームステイファミリーと連絡を取っていて、遊びにいったときには泊めてもらったりしています。

せっかくの出会いを大切にしてくださいね。

 

次は「ネイティブ(シェアメイト・留学やワーキングホリデー)」をご覧ください。

このページの先頭へ