初心者からのリーディング勉強法

英文を読むことに慣れないうちは、英語で敷き詰められた本を見るだけで嫌になりそうですが、リーディングの勉強はリスニングの勉強と一緒にしましょう。英語初心者の方に「初心者からの勉強法(リーディングの勉強法)」をお伝えします。

リーディングの勉強法

基本的には英語の本を読むのですが、日本語の文章を読むの以上に、集中力が必要です。

リーディングの勉強を始めた頃は、英文を読む速度も遅く、読んだ英文も忘れてしまいますが、焦らずに少しずつ読んでください。

リーディングは空いた時間に少しずつ勉強しましょう。

リーディングを勉強するときに気をつけること

効率よくリーディング力をつけるために注意することがあります。

読む速度が遅くても焦らない

「リーディングを上達させる」との決意とは裏腹に、リーディングの勉強を始めたときの読む速度はかなり遅いです。慣れれば少しずつ読む速度が早くなりますので、焦らずにゆっくりと読んでください。

読んでいる途中に後戻りはしない

特に1つのセンテンス内での後戻りは厳禁です。英文を読んでも意味がよくわからない場合は段落ごとで読み返してください。

知らない英単語は意味を推測する

これはリスニングの勉強でも同じですが、知らない英単語が出てきましたら、ある程度は推測します。意味を推測ができなければ、あきらめてそのまま読み進めます。

知らない英単語がたくさん出てきた場合は、段落ごとで英単語を調べます。

繰り返し読む

1冊を読み終わっても新しい本に進まずに、繰り返し読んでください。読むたびに、わからなかった部分、発見できなかった部分がわかるようになり、リーディングの力がつきます。

細かいことは気にしない

英単語もそうですが、文法や言い回しなど、細かいことは気にせずに読み進めて、物語のストーリーがわかるようにしてください。

「初めての本を1回目のリーディングで完璧に理解するのは無理」と割り切って、気楽に読んでください。繰り返し読むことにより、ストーリーがわかってきます。

 

次は「ライティングについて(ライティングの勉強法・英語勉強法)」をご覧ください。

このページの先頭へ