実践で役立つ英語勉強法(はじめに)

日本で英語を勉強しても、必ず英語は上達します。英文法、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの勉強しましょう。英語初心者の方に「実践で役立つ英語勉強法」をお伝えします。

実践で役立つ英語勉強法

受験勉強のための英語勉強法を実践しても、実際にネイティブと英語で話せるかどうかは別のお話です。TOEICが900点以上あってもスピーキングが全然ダメな人もいます。

「初心者のための英語勉強法」では、実際にネイティブと会話をするのに必要な英語力の身につけ方をお伝えします。

TOEICのスコアが必要な人も、英語の基礎を身に着けてから勉強すると効率がよくなります。

語学留学やワーキングホリデーで海外に滞在する人にとっても、日本での勉強はとても重要ですので、しっかりと準備をしてください。

理想の英語勉強法

各項目につきましては、それぞれのメニューでご紹介しますので、ここでは大まかな英語勉強法をお伝えします。

理想の勉強法は、英文法、リスニング、リーディング、スピーキングをバランスよく勉強することです。

すべてのことをバランスよく勉強するのは難しいですが、勉強を進めていくうちに「自分はこの部分が弱いな」ということがわかってきますので、その都度、弱い部分を補っていけば大丈夫です。

英単語の勉強について

英単語は出てきたときに覚えます。

みなさんがする英語の勉強は、受験勉強ではありませんので、英単語だけをひたすら覚える必要はありません。ただ暗記しても、すぐに忘れることが多く、勉強が大変です。

英単語は英文法、リスニングなどで出てきたもの覚えていくようにしましょう。

英単語だけ覚えれば大丈夫?

「英単語を覚えれば何とかなる」という意見もあります。確かに何とかなります。

ただ、これはあくまでも「英語がわからない人が無理矢理にでも相手に英語を理解してもらうため」、「海外旅行へ行く時だけ」有効な方法で、この方法に頼っていると英語が上達しません。

「初心者のための英語勉強法」をご覧になられている方は「まずは英語を話せるようになりたい」と思っているはずです。

「海外留学やワーキングホリデーをしたい」、「ネイティブと対等に話したり、通訳など職業に生かしたい」と思っている人もいるはずです。

今後のことを考えて、その場しのぎの英語ではなく、英語が一生の財産になるように勉強しましょう。

 

次は「英語勉強法の流れ(はじめに・英語勉強法)」をご覧ください。

このページの先頭へ