映画を使った英語勉強法(映画)

英語を勉強する映画を選ぶときに、アカデミー賞を受賞した作品、候補に挙がった作品を参考にしてください。英語初心者の方に「映画を使った英語勉強法(英語の勉強に適した映画)」をお伝えします。

楽しみながら英語を勉強する

英語のレベルにもよりますが、ここでは英文法とリスニングの基礎がある人が映画やドラマで勉強する方法をお伝えします。

映画で勉強するのに大切なことは「楽しむこと」です。繰り返し同じ映画を見ていると飽きてしまうこともありますが、映画で使われる英語がある程度理解できるまでは繰り返し同じ映画を見ましょう。

映画を使った英語勉強法の流れ

映画1本の時間は約2時間のため、基本的には繰り返し見て勉強します。「英語の勉強に適した映画」を参考に勉強する映画を選びましょう。

1.英語の音声、日本語字幕で見る

最初から、英語の音声だけで映画を見ても、ストーリーが理解できません。1回目は映画を楽しむつもりで見てください。

このときに日本語字幕だけ見るのではなく、映画の中で使われている英語の音声にも、少しでいいので気を配ってください。

2.英語の音声、英語の字幕で見る

「英語の字幕があると、字幕だけ見てしまい、音声を聞かなくなってしまう」という意見もありますが、まだ、この段階だと英語だけを聴いて理解することができません。

ここでは英語の音声を気にしつつ、英語の字幕を読んでください。例え音声が耳に入っていなかったとしても、英語を読む力が付いてきます。

英語の音声と英語の字幕に慣れてきましたら、音声と字幕を頭の中で一致させてながら映画を見てください。

一度見ただけでは、理解するのは難しいので、この英語の音声と英語の字幕のパターンで、ある程度の英語が理解できるまで何度も見てください。

字幕を見ると意外と簡単な英語を使っているのがわかると思います。わからない英単語は意味を予測、または無視して、どうしても気になる英単語だけを調べてください。

3.英語の音声だけで見る

この段階では音声に集中して見るだけです。最初のうちはリスニングできないかもしれませんが、何度もリスニングしているうちに慣れてくるはずです。

4.シャドウイングをする

英語が聞き取れるようになったら、シャドウイングをしてスピーキングの練習をします。

シャドウイングとは、少し遅れて声を合わせることです。

登場人物のセリフの少し後にセリフを追っかけるように声を出しましょう。

セリフを全て暗記するにはかなりの勉強が必要ですが、映画を何度もリスニングした後なら、それほど難しくなくシャドウイングができるはずです。

5.実際の生活で使う

せっかく覚えた英語も使わなければ忘れてしまいます。

英語を話す機会がない人でも、日常生活で映画と同じような場面になったときに、覚えている英語を使ってみてください。

小声でも、心の中だけでも構いません。

日常生活で使うことによって、英語は身に付きます。

 

次は「アカデミー賞・2010年~2011年(英語の勉強に適した映画・英語勉強ツール)」をご覧ください。

このページの先頭へ