「英文法はちょっと苦手」という人は多いです。

しかし、勉強してみると意外と簡単。英文法はを理解していると英語の上達が早くなります。

英語初心者の方に「英文法のおすすめ参考書は?初心者は中学英語で基礎を勉強すれば十分!」をお伝えします。

見やすく解説がわかりやすい英文法のテキスト

英文法と聞くと堅苦しくて、勉強というイメージがあるので、それを払拭するために、見やすいテキストを選んでください。

英文法のテキストを選ぶときのポイント

  • カラーが豊富に使われている。
  • イラストが使われている。
  • 解説が分かりやすい。
  • 簡単な英単語が使われている。

 

「子供向けのテキストじゃないんだから、カラーやイラストは関係ないでしょう」と思われるかもしれませんが、学校の教科書みたいに英文と和訳、解説だけが敷き詰められているテキストだと、見ているだけで嫌になってしまいます。

中級者~上級者向けテキストは解説も難しく書かれていますので、自分で読んでみて、わかりやすい解説がしてあるテキストをおすすめします。

「英単語は少しずつ覚える」と割り切って、英文法の理解に集中できるように簡単な英単語が使われているテキストを選んでください。

英文法を説明する際の例文が短い文法書をおすすめします。

実際の英会話ではそれほど長い文章は使いませんし、長い文章で書かれていると、難しくなり、時間もかかります。

中学レベルの英文法

英会話は、中学レベルの英文法を知っていれば、ほとんどの会話が成り立ちます。

まずは中学レベルの英文法を勉強し、英文法の基礎をがわかるようになったら、リスニングの勉強に進むと理解力が格段に違いますので、がんばってください。

中学レベルまでのテキストでも十分なのですが、自分の英語力をさらにレベルアップをさせたり、海外に行って辞書代わりに使うために、高校レベルまでの英文法が載っているテキストを購入してください。

英文法に関するテキストは1冊あれば十分です。

高校総合英語Harvestと総合英語Forestの比較

インターネットで書籍が購入できる、アマゾンや楽天で、英文法のテキストをチェックすると「総合英語Forest」(以下、Forest)が一番人気になっています。

さっそく、makoは書店へ行き、「Forest」を購入しようと思いました。

「Forest」を手に取り、レジへ向かおうとしたときのことです。

「Forest」の隣に「一番おすすめの英文法のテキスト」と書店一押しのポップを見つけました。

それは「Forest」と同じ「桐原出版」から販売されている「高校総合英語Harvest」(以下、Harvest)でした。

中を見てみると、「Forest」に比べ「Harvest」はカラフルでイラストが多く、使われている英単語が簡単で、解説もわかりやすかったのです。

「Forest」は内容がギッシリと詰まっている感じはありますが、学校のテキストみたいでちょっと難しい印象があります。

「Harvest」よりも、「Forest」の方が、英文法に関しての知識は豊富に得られると思いますが、初心者の人にとっては難しく感じられますので、makoは「Harvest」を強くおすすめします。

このような言い方だと「Harvest」が劣るみたいですが、実際の英会話では「Harvest」で紹介されている英文法すら、全てが使われていませんので、「Harvest」の内容を理解していれば、英文法の知識は十分すぎるほどです。

おすすめ「高校総合英語Harvest」

「Harvest」は見やすくて、解説もわかりやすく、必要な文法を網羅してある英文法のテキストです。

高校総合英語Harvest

楽天のレビュー

Amazon(アマゾン)のレビュー
 

少しずつ英文法を勉強するのはもちろん、英会話をしているときや英会話をした後に英文法を辞書代わりにもなりますので、とても重宝しています。

英文法のテキストはこれ1冊でずっと、ずーっと大丈夫です。

「Harvest」は、私が使っていた頃から数回の改定が行われ、今ではさらに充実した内容になっています。

楽天やAmazon(アマゾン)のレビューでは、「Forest」の方が評価されているような感じがしますが、英語の初心者の人には「Harvest」の方が絶対に入りやすいです。
 

ちなみに「Forest」はこちらです。

総合英語Forest

楽天のレビュー
Amazon(アマゾン)のレビュー