日本語英語は気にする必要がありませんが、ネイティブと会話をするには少なくともカタカナ英語からは脱却しなければいけません。

そのためには発音の練習が必要です。英語初心者の方に「英語の発音の練習方法は?初心者がネイティブと話すために!」をお伝えします。

とても大切な発音

TOEICで高いスコアを取るためだけに英語を練習しているのであれば、発音が上手じゃなくても問題ありませんが、英会話、特にネイティブとの英会話を目指す人にとって発音の練習は欠かせません。

日本人同士で英語を話すのであれば、カタカナ英語でもお互いに理解しあえますが、ネイティブとの英会話では、カタカナ英語は通用しません。通用しないとは言え、気合で何とかなる場合もありますが・・・。

英語の知識がない状態で発音の練習をするのは、「何のために発音の練習をしているのか」がわからなくなる可能性がありますので、まずは必要性が高い英文法やリスニングを練習し、発音の重要性を認識してから発音の練習に取り組みます。

この発音を早い段階に練習すると英語力に差が出ます。

発音の練習をするということ

発音が良くなるのはもちろんですが、発音記号が読めるようになりますので、初めて見る英単語でも発音記号を見れば、英単語の発音ができます。

いろいろな英単語を発音してるうちに、発音記号がなくても、「たぶんこんな感じかな」と発音できるようになります。

発音がわからないと、相手の言っていることがわからないため、リスニングも上手にできません。逆に言えば、発音がわかっているとリスニング力が伸びます。

完全に発音をマスターするのは難しいですが、ある程度、ちゃんとした発音に沿って英語を話せば、ネイティブにも理解してもらえるようになります。

日本語訛りの英語は全く気にする必要がありませんが、発音を練習して、カタカナ英語からは脱却しましょう。

管理人のmakoも、発音をちゃんと練習する前は発音の仕方がよくわかっておらず、「だいたい」で発音していましたが、練習した後では自信を持って英語を話せるようになりました。

実際に海外でネイティブの友達と話したり、店員さんと話しても、あきらかに英語が通じるようになりました。

発音を練習した人と練習をしていない人では、雲泥の差が出てきますので、しっかりと練習しましょう。

大人になってから発音を練習するということ

英語の発音は「子供のころから英語に触れていないとネイティブのようになれない」と言います。

これは残念ながら、事実です。

英文法やリスニングは大人になってからでも、十分に理解できるようになりますが、発音を練習してもネイティブのようになるの難しく、どうしても日本語訛りが抜けません。

しかし、ネイティブが理解できる発音になることはできます。

今や世界中の人が英語を話します。

正直、インド人やシンガポール人の英語は「これって英語?」と思うほど、訛りが強いです。

日本人訛りの英語でも、堂々と話せばネイティブと対等に会話ができます。

初心者が発音を練習する流れ

発音のテキストは1冊あれば十分です。

そのテキストを何度も練習してください。

ここでは管理人のmakoがおすすめする「英語耳」を例にご紹介します。

1.発音記号を見る

「英語耳」では発音が似ている発音記号がLessonごとに載っていますので、その違いを確認します。

2.各発音記号についての解説を読む

発音方法や発音のコツが解説されていますので、発音するよりも先に読んでみます。

3.発音記号が説明されている英単語を発音する

CDの音声を聞きながら、繰り返し練習してください。

4.発音の練習用に用意されている英単語を発音する

CDの音声を聞きながら、繰り返し練習してください。

5.「1」~「4」を繰り返す

似ている発音が載っているLessonを数回繰り返します。それぞれのLessonは1分~3分なので、すぐに終わります。

 

全ての発音記号を練習しても約30分です。できれば毎日、それが難しければ半分ずつを毎日練習してください。

発音記号を理解してから

ネイティブのように発音するのは非常に難しいですが、発音記号を理解して、同じように発音できるようになってからは、文章や歌を使って練習しましょう。

英語耳」には実際の英語の歌を使った練習方法が詳しく書かれています。

さらに「英語耳ドリル」では練習用の歌もCDに収録されていますので、「英語の歌を持っていない」、「どの英語の歌を使っていいのかわからない」という人は参考にしてみてください。

リスニングのテキストを練習するときには、発音の仕組みを意識しながらリスニングをしてください。

以前とは違った感覚になり、実際に声を出して読んでみると「英語らしくなってきた」と感じるはずです。