日本で英語を勉強しても、必ず英語は上達します。

英文法、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの勉強しましょう。

英語初心者の方に「初心者から英語が話せるようになるために」をお伝えします。

実践で役立つ英語勉強法

受験勉強のための英語勉強法を実践しても、実際にネイティブと英語で話せるかどうかは別のお話です。

TOEICが900点以上あってもスピーキングが全然ダメな人もいます。

「初心者のための英語勉強法」では、実際にネイティブと会話をするのに必要な英語力の身につけ方をお伝えします。

TOEICのスコアが必要な人も、英語の基礎を身に着けてから勉強すると効率がよくなります。

語学留学やワーキングホリデーで海外に滞在する人にとっても、日本での勉強はとても重要ですので、しっかりと準備をしてください。

理想の英語勉強法

各項目につきましては、それぞれのメニューでご紹介しますので、ここでは大まかな英語勉強法をお伝えします。

理想の勉強法は、英文法、リスニング、リーディング、スピーキングをバランスよく勉強することです。

すべてのことをバランスよく勉強するのは難しいですが、勉強を進めていくうちに「自分はこの部分が弱いな」ということがわかってきますので、その都度、弱い部分を補っていけば大丈夫です。

英単語の勉強について

英単語は出てきたときに覚えます。

みなさんがする英語の勉強は、受験勉強ではありませんので、英単語だけをひたすら覚える必要はありません。
ただ暗記しても、すぐに忘れることが多く、勉強が大変です。

英単語は英文法、リスニングなどで出てきたもの覚えていくようにしましょう。

英単語だけ覚えれば大丈夫?

「英単語を覚えれば何とかなる」という意見もあります。

確かに何とかなります。

ただ、これはあくまでも「英語がわからない人が無理矢理にでも相手に英語を理解してもらうため」、「海外旅行へ行く時だけ」有効な方法で、この方法に頼っていると英語が上達しません。

「初心者のための英語勉強法」をご覧になられている方は「まずは英語を話せるようになりたい」と思っているはずです。

「海外留学やワーキングホリデーをしたい」、「ネイティブと対等に話したり、通訳など職業に生かしたい」と思っている人もいるはずです。

今後のことを考えて、その場しのぎの英語ではなく、英語が一生の財産になるように勉強しましょう。

初心者の人が英語を勉強する流れ

ここでは「英語は学生時代にやったぐらいで、今は全然わからない」、「学生で英語を勉強しているけど、理解できない」という英語初心者の人が勉強を始めるにあたっての英語勉強法をお伝えします。

makoもみなさんと同じように学生時代に英語を勉強しましたが、そのほとんどを忘れてしまっていました。

英文法と聞くだけで、やる気がなくなってしまっていたぐらいです。

そんなmakoでも、順を追って英語を勉強することによって、今では日常生活に支障のないぐらいの英語力が身に付きました。

詳しい英語勉強法につきましては、各メニューでご紹介しますので、ここでは全体的な英語勉強法の流れをお伝えします。

勉強する順になっています。

1.英文法の基礎を勉強

中学校で習う英文法の知識があれば、リスニング、スピーキング、リーディングの効率が格段に良くなります。

英語の勉強を初めてされる方、今まで英語の勉強をしてきたけどよくわからない方は、ぜひ中学生で習う英文法を勉強してください。

詳しくは「英語勉強法-英文法-英文法について」をご覧ください。

2.リスニングの基本を勉強

「リスニングをするときに、実際にネイティブが話す英語の速度で聞かなければ意味がない」という意見もありますが、内容がわからないと、よほどの気合がな い限り、途中で挫折してしまう可能性が高いです。

初心者の人は少なくても30%は理解できる英語のレベルと速度の教材で、リスニングを勉強することをオス スメします。

詳しくは「英語勉強法-リスニング-リスニングについて」をご覧ください。

3.発音の基本を勉強

日本人同士で英語を話すのであれば、カタカナ英語でもお互いに理解しあえますが、ネイティブとの英会話では、ほとんどのカタカナ英語は通用しません。

この発音を早い段階に勉強すると英語力に差が出ます。

詳しくは「英語勉強法強-発音-発音について」をご覧ください。

4.スピーキングの基本を勉強

1人でスピーキングを勉強するには、文法やリスニング、発音を勉強しているときに英語を声に出して練習します。

これだけでも、英語を話す力が付きます。

声 を出すときはボソボソではなく、口をはっきりと動かし、発音に気をつけてください。

スピーキングは英文法、リスニング、発音の集大成なのです。

詳しくは「英語勉強法-スピーキング-スピーキングについて」をご覧ください。

5.リーディングの基本を勉強

英会話をメインで勉強する場合、リーディングは後回しでも構いません。

リーディングは特別に勉強しなくても、リスニングを勉強しているときに英文を読んでいますと、自然にリーディング力がついてきます。

時間があれば、英語で書かれた教材を読んでみてください。

詳しくは「英語勉強法-リーディング-リーディングについて」をご覧ください。

6.ライティングの基本を勉強

リーディングとともに英会話をメインで勉強する場合、ライティングは後回しでも構いません。

英文法、リスニング、発音、スピーキング、リーディングをこなしていくうちに、ライティング力がついてきます。

ただ、ライティングの場合は細かい部分までちゃんと英語を知っていないと、ミスが多くなります。

しくは「英語勉強法-ライティング-ライティングについて」をご覧ください。

 

人によって得意なこと、不得意なことが異なりますので、この順番は絶対ではありませんが、初心者の人がこれから英語を勉強する場合は、参考にしてください。