スピーキングに一番大切なことは積極性と自信です。日本では英語を話す機会が少ないのが現実ですが、1人でもできる勉強もたくさんあります。英語初心者の方に「英語のスピーキングの勉強方法は?初心者から独学で上達するコツは?」をお伝えします。

スピーキング=英会話

日本で生活をしていると英語を話す機会がほとんどないため、スピーキングは勉強する機会を得るのに一番難しいです。

スピーキングは相手があって始めて成り立ちます。英語を声に出すだけではなく、相手との話のやりとりが重要です。

リスニングが上手で、相手の話していることが全て理解しても、こちらの言いたいことが言えなければ会話が成り立ちません。

スピーキングに大切なこと

英会話、特にスピーキングに大切なことは、積極性と自信です。

日本人にはこの2つが決定的に欠けているため、外国人と混ざって英会話をするときに一歩引いてしまいます。

スピーキングが上達する秘訣は「間違っていてもいいから気にせずに話す」です。

もうひとつは、「英会話に慣れること」です。この「英会話に慣れること」が日本で生活していると難しいです。

お金に余裕があれば英会話教室に通うことができますが、管理人のmakoのようにお金に余裕がない場合でも、英会話サークルや独学でスピーキングの勉強をする方法はあります。

初心者から独学で上達するコツは?

英語の初心者からスピーキングを独学で上達するコツは2つあります。

  • はっきりと口にする
  • センテンスを覚える

 

それぞれのコツを詳しくお伝えします。

はっきりと口にする

スピーキングの勉強は一人でもできます。

特別にスピーキングの勉強をするというよりは、英文法やリスニング、発音を勉強しているとときに英語を声に出すようにしましょう。

これだけでも、英語を発する力がつきます。

声を出すときはボソボソではなく、口をはっきりと動かし、発音に気をつけてください。

スピーキングは英文法、リスニング、発音の集大成なのです。

センテンスを覚える

初心者の人が英会話をするときには、自分が話したいことがスムーズに出てきません。そんなとき、「いかに英語のセンテンスを覚えているか?」が重要です。

英会話ではその場で英語を考えている暇はなく、とっさに英語を話さなければいけません。

慣れてしまえば、英語も自然に出てくるようになりますが、最初のうちは英文法やリスニングを勉強した時に出てきたセンテンスを活用していきましょう。

英文法やリスニングでの英語は丁寧な英語です。

その丁寧な英語を口にすることに慣れましたら、今後はネイティブが日常の英会話で利用している英語に挑戦してみてください。

余裕があれば、スラング(俗語)にも挑戦してみてくださいね。

ネイティブが日常生活でよく使う英語のセンテンスをまとめたテキストもあります。

詳しくは「スピーキングの勉強-おすすめテキスト」をご覧ください。

スピーキングの練習ができる場所

英語の初心者の方がスピーキングを練習する場所を2つご紹介します。

  • 英会話教室
  • 英会話サークル

 

それぞれについて詳しくご紹介します。

英会話教室

現在、英会話教室に通っている人もいますし、「英会話教室に通いたいけど、料金のことを考えると厳しい」という人もいます。

英会話教室はお金がかかりますが、とても勉強になりますので、英語の勉強に費やせる資金に余裕がある人は英会話教室に通ってみてくださいね。詳しくは「英会話教室について(英会話教室)」をご覧ください。

ここ数年、「格安でマンツーマンレッスンが受けられる」と、オンライン英会話スクールの人気が高まってきました。「資金的に余裕はないけど、レッスンを受けてみたい」という人にとって、気軽にレッスンが受けられるようになりました。詳しくは「オンライン英会話とは?(オンライン英会話)」をご覧ください。

無料、または安価な英会話サークル

英会話サークルとは、「英語を勉強したい日本人が集まって、みんなで英会話を楽しむ」というものです。ネイティブが参加している英会話サークルもあります。

makoは、海外へワーキングホリデーへ行く前にはできるだけお金を節約したかったので、「無料、または小額のお金で英会話ができないか?」と調べた結果、英会話教室ではなく、英会話サークルを見つけ、そこでスピーキングの練習をしました。

無料、または安価な料金で、英会話の練習ができますので、積極的に参加してみてください。

英会話サークルについては、「英会話サークルについて(英会話サークル)」をご覧ください。