名詞・単数形(英文法の勉強)

英語には単数形と複数形、数えられる名詞と数えられない名詞があります。英文法の「名詞(単数形)」を勉強しましょう。

「○」はGoogle翻訳にリンクしてあり、英語の発音を聴くことができます。詳しくは「はじめに」をご覧ください。

名詞の英語表記:Noun

英語で書かれたテキストで英文法を勉強する場合は参考にしてください。

単数形と複数形とは?

テーブルの上にリンゴが1つあります。

そのリンゴのことを日本語で言う場合、リンゴの数を伝えたいときは「テーブルの上にリンゴが1つあります」と言いますが、リンゴの数は関係なく「何がそこにあるか?」を伝えたいときには「テーブルの上にリンゴがあります」と言います。

「テーブルの上にリンゴがあるから食べてね」と言わ側も言われる側も、わざわざリンゴの数は気にしないと思います。

英語ではリンゴの数を気にしてても気にしていなくても、必ず数を言わなければいけません。

単数形(1つ)は「a」や「an」、複数形(2つ以上)は語尾に「s」や「es」を付けます(例外はあります)

英語には数えられる名詞(可算名詞)と数えられない名詞(不可算名詞)があり、それぞれ数え方が違いますので、詳しくは「可算名詞」、「不可算名詞」をご覧ください。

主語の単数形か複数形によって、動詞の形も変わりますので、英文を作るときには注意してください。

単数形の表し方

単語の前に「a」や「an」をつけます。

「an」は単語の始めが母音(a、i、u、e、o)で始まるときに使用し、それ以外(子音で始まる単語)には「a」を使います(例外はあります)

日本語訳する場合、数字が必要なければわざわざ「1匹の犬」、「1台の車」、「1つのリンゴ」、「1つのオレンジ」など、個数をつける必要はありません。

英語では「~人」、「~匹」、「~台」などの単位はありませんので、日本語訳をするときにはその単語に応じて単位をつけてください。

a dog
(1匹の)犬

a car
(1台の)車

an apple
(1つの)リンゴ

an orange
(1つの)オレンジ

「私のリンゴ」、「あなたのリンゴ」、「彼のリンゴ」、「佐藤さんのリンゴ」など「~の」(所有格)や「the」(冠詞)をつける場合、数えられない名詞(不可算名詞)の場合には、「an」や「an」はつけません。

 

次は「名詞・複数形(英文法の勉強)」をご覧ください。

このページの先頭へ